“前後”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ぜんご48.9%
あとさき44.4%
まえうしろ5.3%
まへうし0.8%
まへうしろ0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
すこしにはもう二人さんが前後して威勢よくってた。一人さんの袖子ているのをるとっていなかった。
伸び支度 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
つい、そのて——夕暮である……何心もなく町通りをめてつと、箒目つたに、ふと前後人足途絶えた。
春着 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
またぼうとなって、居心らず、四畳半を燈火前後、障子に凭懸ると、透間からふっと蛇のが来そうで、驚いてって出る。
星女郎 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
僕は樹木を眺める時、何か我々人間のやうに前後ろのあるやうに思はれてならぬ。
僕は (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
色沢の悪い顔を、土埃と汗に汚なくして、小い竹行李二箇前後に肩に掛け、紺絣単衣の裾を高々と端折り、重い物でも曳擦る様な足調で、松太郎が初めて南の方からこの村に入つたのは
赤痢 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)