赤痢せきり
凸凹の石高路、その往還を右左から挾んだ低い茅葺屋根が、凡そ六七十もあらう、何の家も、何の家も、古びて、穢くて、壁が落ちて、柱が歪んで、隣々に倒り合つて辛々支へてる様に見える。家の中には、生木の薪を焚く煙が、物の置所も分明ならぬ程に燻つて、そ …
作品に特徴的な語句
ぱづれ うんにや はづれ あふの いいや ちよい 尖端とんがり くれい 顔色つらいろ をなご ぢい 取付とツつ 昨日きのな 先刻さきた けだる 顔色かほ 分明さだか しび 身長せたけ のめ 何故なんしや とこ まぶし くたば でき きら うち 発見みつか まが 余程よつぽと 呼吸こつ ふや 全体すつかり 階段だん おのづ 当時とき せゐ 醜悪みにくさ いづ 頑固いつこく 漸々やうやう 返答こたへ いつ 平常ひごろ 辛々やうやう 乞食ほいど 医師いしや 早速しらから 企画たくらみ 密々こつそり 父親おやぢ 一片ひとつ 打倒ぶんのめ 巫女いたこ たつた 平生いつ そよ 時代ころ 形勢すがた こつ 加之それに おまけ 前後まへうしろ すみつ 逶迤うねくね 悪口あくたい きり 散乱ちらば かか 怖々おづおづ しま こころ とう 移転うつ 山間やまなか 通行とほ 沈黙だんまり 喇叭ラツパ わづ 一通ひととほり 今夜こんにや 悉皆しつかい なまけ 平生ひごろ くるま まんま さま 機会はずみ 馬糧ばれう すこ のたく そつ
題名が同じ作品
赤痢 (旧字旧仮名)石川啄木 (著)