赤痢せきり
凹凸の石高路その往還を左右から挾んだ低い茅葺屋根が、凡そ六七十もあらう。何の家も、何の家も、古びて、穢なくて、壁が落ちて、柱が歪んで、隣々に倒り合つて辛々支へてる樣に見える。家の中には生木の薪を焚く煙が、物の置所も分明ならぬ程に燻つて、それ …
作品に特徴的な語句
ぱずれ うんにや あふの をなご 先刻さきた 取附とつつ 分明さだか 何故なんしや のめ くたば ふり とこ うぬ かゝ 早速じらから せゐ 顏色つらいろ ふや 呼吸こつ 乞食ほいど 殿どん 平常ひごろ いつ こつ 逶迤うねくね 加之それに 打倒ぶんのめ きり 平生いつ くれえ 巫女いたこ 密々こつそり そよ くるま 横腹よこつぱら とう 今夜こんにや なまけ 癩病どす 山間やまなか 醜婦みたくなし おまけ 規定きまり なだら 根本ねつ 蹲踞しやが けえ あしら 分明はつきり 切端きれつぱし はだ ずつ ひと ぢれ 那處あそこ くすぶ おら さる 徘徊うろつ 畢竟つまり 奈何どう 蒼生ひと おくび 舌鼓したうち 何方どつち わし 因循ぐづ 土埃ほこり しん やまひ 了解のみこ 機會はずみ 貴方あんた 黝黒どすぐろ 聽許ゆる 氣勢けはい 縹緻きりやう 石油あぶら 痙攣ひきつ 申婆さるばあ 生家うち 狼狽うろた 眇目めつかち 無料たゞ 陋劣さもし 氣病きやみ 鐵漿おはぐろ
題名が同じ作品
赤痢 (新字旧仮名)石川啄木 (著)