“貴方”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
あなた88.8%
あんた8.8%
あん0.6%
あな0.3%
おうち0.3%
おこと0.3%
こなた0.3%
そなた0.3%
ヴォルゲボーレン0.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“貴方”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 演劇 > 大衆演芸85.5%
文学 > 日本文学 > 小説 物語9.5%
文学 > 日本文学 > 戯曲6.3%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
雌蝶めちょう雄蝶おちょうもあったもんじゃないのよ貴方あなた。だいち御盃おさかずきの縁が欠けているんですもの」
道草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
「元来一文も出さないといったって、貴方あなたの方じゃどうする事も出来ないんでしょう。百円で悪けりゃ御止およしなさい」
道草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
「さやう、な。けど、貴方あんたのやうな方が此方こつちから好いたと言うたら、どんな者でも可厭いや言ふ者は、そりや無い」
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
早「あのー昨夜よんべねえ、わし貴方あんたたもとの中へ打投ぶっぽり込んだものを貴方ひらいて見たかねえ」
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
「よろしおす。傘屋からかさやにおした所で何の役にも立ちよらんが、貴方あんさんとこやと拍子木にも値打が出ますやろからな。」
「ええ、こいつ友達だんね。だいぶ酔うとりましてな、足がフラフラで、いまそこのどぶに足をつっこんで、ひっくりかえりましてん。怪我しとりますが、医者がどこにあるやら分らしめへんねン。貴方あんさん、えろう済みまへんが、ちょっと医者らしい家を見つけくんなはらしめへんか。……」
深夜の市長 (新字新仮名) / 海野十三(著)
そんな事は貴方あなた男だから女だからのって事はありゃあしません。
千世子(三) (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
「恥かしいですけど、お茶はあんまりしてませんの。是非教わろうと思てるんですけど。——ところで、話ちがいますけど、貴方おうちキネマスターで誰がお好きですか?」
秋深き (新字新仮名) / 織田作之助(著)
貴方おうちのような鋭い方は、あの人の欠点くらいすぐ見抜ける筈でっけど……」
秋深き (新字新仮名) / 織田作之助(著)
貴方おこと弥之やのさんではござんしないか」
生霊 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
てもま、學問がくもんきついものぢゃな! 殿とのさん、貴方こなたさしますことをひいさまにまうしましょ。
主ある者と席をともにすると云うのは、治平殿貴方そなたも心得てなすったので有ろうが、君も前橋では立派な商人あきゅうどじゃと云う事だが
霧陰伊香保湯煙 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
「法水さん、貴方ヴォルゲボーレン——いや閣下ホウホヴォルゲボーレン! この事件の恐竜ドラゴンと云うのは、とりもなおさず貴方のことだ。しかし、オットカールさんの咽喉のどに印されていたという父の指痕しこんは——あの恐竜ドラゴンの爪痕は、いったい貴方の分身なのですか」
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)