“こなた”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:コナタ
語句割合
此方94.5%
彼方1.1%
貴下0.4%
貴僧0.4%
貴孃0.4%
0.4%
貴殿0.4%
当家0.4%
御当家0.4%
此岸0.4%
此所0.4%
此方様0.4%
貴方0.4%
足下0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「ぢや、さんは何方だとしやるの」と、妹は姉の手を引ツ張りながら、めてがすを、姉は空の彼方此方めやりつゝ
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
正太はあつともはず立止まりしまゝくはきつきもせで打守るに、彼方正太さんかとてり、おどんおらば此處でおれにしましよ、此人と一ります
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
しも貴下が、世間ふやうに、阿呆極樂さまをれてかっしゃるやうならば、ほんに/\、世間り、不埓ぢゃ。
乳母 もしえ、この指輪さまから、わしに貴下げませいとうて。さ、う、がしゃれ、けたによって。
ロミオ 二はれいでもしませう。仇敵酒宴最中、だましはしたがあったを、此方からもはした。二人けた貴僧藥力ればる。
ロミオ 貴僧はローザラインにをすなというて、たびもおりゃったぞよ。
よしうでないにせい、のは最早絶滅ぢゃ、いや、絶滅同樣ぢゃ、れてんでござって、貴孃のまゝにならぬによって。
……おゝ、脊中が、脊中が! ほんに貴孃めしいわいの、太儀使者さッしやって、如是ぬるやうなひをさすとは!
パリス いや、ではぢゃに、それをば其樣しう被言るのは讒訴ぢゃ。
甲樂人 すれば、此方をば從僕扱ひにしてくれう。
感じ懇切供養をなして後九助の額を熟々と見貴殿は大なる厄難あり是はれ難きにより隨分みを第一に致されよと申を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
見て吃驚なしコレ/\貴殿ゆゑに私は此御番所へ送られ迷惑致せり貴殿が落して置た帛紗包大方取に來るで有うと思ひ今日迄て居しにヤレ/\しやとを流しながら正面に向ひ右の帛紗包を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
奈何なる事情訊問しに、昨夜廿一二のこうこう云う当家のお弟子が見えて、翌日仏事があるから十五軒前折詰にして、て来てくれとえられましたと話され、家内中顔を見合せて驚き
枯尾花 (新字新仮名) / 関根黙庵(著)
御当家さまのお蔭で人参を飲みましたせいか、段々宜しくなりまして、此の程病褥を離れましたと丹治がまいっての話でございますが、母が申しますに
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
嵐山其ものと桂川とは旧に仍って美しいものであったが、川の此岸には風流に屋根はいてあったが自働電話所が出来たり、電車が通い、汽車が通い、要するに殺風景なものになり果てた。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
附て道中をれましとしながらに行所を此所松陰より忽然と出たる畔倉重四郎ものをも云ずなる飛脚の片足をばつさりと切付たり飛脚はアツと馬よりげ落るを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
「どうでしょうか、此方様にも御存じはなしさ、ただい女だって途中で聞いて来たもんだから、どうぞしからず。」
湯女の魂 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
乳母 はれま、結構なお教訓ぢゃ、すがら此處居殘っても、聽聞がしたいわいの。てもま、學問いものぢゃな! 殿さん、貴方さしますことをさまにしましょ。
足下予程うて、あのヂュリエットが戀人で、婚禮げてたぬうちにチッバルトをばして、のやうにれ、のやうにあさましう追放されたでなら