“其樣”のいろいろな読み方と例文
新字:其様
読み方割合
そん41.9%
そんな25.6%
そのやう23.3%
さう2.3%
そう2.3%
そない2.3%
そのよ2.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
鐵車其樣ではビクともしない、反對彈飛すと、百獸王樣團子のやうに七顛八倒吾等一同はドツとつた。
それで他國立派堂々たる小學校其樣すぼらしい學校子供心にもして愉快心地なかつたのです。
日の出 (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
カピ妻 さいの、其時分には鼠捕りであったさうな。したが、わたしが不寢をするゆゑ、其樣をばらすことぢゃない。
さて其樣ならば着手の處はの樣なところで有らうか。
努力論 (旧字旧仮名) / 幸田露伴(著)
エ、何、其樣でもありませんが。——一人困つた奴が居ましてな。よく強淫をやりアがるんです。成る可く身分の好い人のかみさんだの娘だのをいくんです。
熊の足跡 (旧字旧仮名) / 徳冨蘆花(著)
ピータ れもお隨意的にはやせぬがや。しも其樣なことがあれば、利劍引拔かいでかいの。こりゃかんければならん場合ぢゃとさへうたら、わしゃくるこっちゃない。