“さう”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:サウ
語句割合
15.7%
左樣14.7%
左様11.1%
7.8%
7.4%
6.0%
左右5.5%
5.5%
3.2%
2.8%
2.8%
1.8%
1.8%
1.8%
其様1.4%
然樣0.9%
然様0.9%
0.9%
0.9%
0.5%
其樣0.5%
嗟吁0.5%
0.5%
0.5%
0.5%
0.5%
0.5%
0.5%
0.5%
0.5%
0.5%
0.5%
0.5%
0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
此処のアラビヤ族の黒奴馬来印度のに比して一層毒毒しい紫黒色をして居て、肉も血も骨までも茄子の色を持つて居に想はれる。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
結構らしい、ばかりひます、左樣いふふにつけて現在さまがで、うかして此中をのがれたい、此絆ちたい
この子 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
なる書生のしたり顔「左様サ、陸海軍御用商人、九州炭山株式会社の取締、俄大尽出来星紳商山木剛造殿の御宅は此方で御座いサ」
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
その買物つ。して「三十五錢俥賃られたね。」と、女房ふと、て、「ふよ、五十錢だよ。」とふ。
廓そだち (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
より三歳山田竪琴草子なる一篇つて、からつ者であつたのは奈何です、ふ物を書いたから
硯友社の沿革 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
そして右手に長く寝そべつてゐる、一の新造船を指さした。「あれが一噸四百円のお引受でしたもの、今ぢや四百五十円を一文欠きましても……」
エニンは昔のエンガンニム、海抜約六百五十、人口二千左右小邑、サマリヤの山尽きガリラヤの平原起る所のにあり。
ならばッぱくなるし——カミツレならばくするし——トつて——トつて砂糖やなどでは子供やかしてうし。
愛ちやんの夢物語 (旧字旧仮名) / ルイス・キャロル(著)
のですが、が、黒目勝をぱつちりとけてる……に、此處されるのだらう、とりのひましたから、此方凝視ました。
人魚の祠 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
「まだあるよ。淺草馬道の壽滿寺では、狩野法眼元信の高士觀瀑の幅が盜られ。日本橋本銀町の阿波屋藤兵衞は雪舟の秋景山水の六曲一屏風がやられてゐる」
アヽ罪過が戯曲、小説に於ける地位、の如く重要なり。て罪過論をして世上の罪過論者にす。
罪過論 (新字旧仮名) / 石橋忍月(著)
病床にありての作なるからに調も常にまして整はざるところ多し。讀者の寛恕を乞ふになむ。
北村透谷詩集 (旧字旧仮名) / 北村透谷(著)
○およそ越後に名高く七不思議にかぞへいふ蒲原郡如法寺村百姓右エ門(七兵衛孫六が家にも地火あり)が家にある地中よりる火は、く人の知る所なれども
ふて之をす、探検勇気此に於てる、相謂て曰く前途千百の蝮蛇応に皆此の如くなるべしと。
利根水源探検紀行 (新字旧仮名) / 渡辺千吉郎(著)
其様手軽く恋愛が成り立つものでない、其れが自分のヤマで、此の男主人公と、其の夫人——常に基督の教訓を真向にして、博愛事業に関係してゐる
未亡人と人道問題 (新字旧仮名) / 二葉亭四迷(著)
女ども聞て此丸龜にて江戸屋清兵衞と申は此方ばかり夫ではひ御座りませんと云に長兵衞オヽ然樣だ餘り思ひ過しを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
高望王が上総介、六孫王が武蔵介、およそかゝる身分の人〻がかゝる官に任ぜられたのは当時のであるから、興世王も然様いふ人と考へて失当でもあるまい。
平将門 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
容易に露顯しなかつたのですが、拔け荷と關係があると睨んだ、平次の慧眼に見破られ、到頭一味十人く生捕られ、直ぐ樣手配をされて、大阪、長崎に居る仲間まで一されて了ひました。
ひとしきり飛び連れ下りるぞきの、さて出立つらむ。
観相の秋 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
昨夜新嘉坡、一長文電報は、日本海軍省到達したであるが、二金曜日をもつて、印度大陸尖端コモリンの錫崙島ぎ、殘月きベンガル灣頭行會
端艇競漕本職だから流行るのも無理いが、大事端艇つた大颶風めに大半紛失してしまつたので、つてるのは「ギク」一、「カツター」二で、餘程不揃なので
さて其樣ならば着手の處はの樣なところで有らうか。
努力論 (旧字旧仮名) / 幸田露伴(著)
縮却項暗嗟吁 縮却め かに嗟吁
僧堂教育論 (新字新仮名) / 鈴木大拙(著)
信州御岳参り七回の経験あるをき衆皆之をとす、此峠をぐれば字上ヶ原の大平野あり、広袤凡一万町歩、あり良草あり以て牧塲となすにす、今之を不毛にるは遺憾と云ふべし
利根水源探検紀行 (新字旧仮名) / 渡辺千吉郎(著)
どれだけ勵行されたかはらぬが、その意氣とすべきである。
国語尊重 (旧字旧仮名) / 伊東忠太(著)
きざはしの玉靴小靴いでまさずば牡丹ちらむとさまほしき
恋衣 (新字旧仮名) / 山川登美子増田雅子与謝野晶子(著)
孫權或時再興をして屏風かしむ、畫伯つてつてしてきにつ。つてごまかして、となす、孫權なることをうていてみてふといへり。
聞きたるまゝ (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
それは古風な大和琴だのだのといふ楽器を鳴らして、をはいた小さな——非常に小さな——巫女が舞ふのが、矢張り優美だつたといふ記憶がのこつてゐる。
一番気乗のする時 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
川崎備寛長尾克などの面面で、一を一、一を一といふび、三元牌されたあとりの一てると、それがになり
麻雀を語る (旧字旧仮名) / 南部修太郎(著)
勿論外形れてもしいはないが、しく異樣えたのは、噸數一千にしては構造りに堅固らしいのと
「二番、三番艙浸水。総員ポンプへ!」
怪艦ウルフ号 (新字旧仮名) / 宮原晃一郎(著)
佐久間玄蕃中入懈怠のためか、柴田勝家合戰れて、城中一息湯漬所望して、悄然へとちてく。
麻を刈る (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
いかにさびしき秋の日の光なりしよ。いかに秋風の空高く、わが思をして遠くかのに入らしめしよ。
秋の岐蘇路 (旧字旧仮名) / 田山花袋(著)
その後身であつた社も、若い人達の集合であつたにも拘らず、新しいヨウロツパの思潮に触れず、唯、単に技巧と娯楽とを基礎にしたやうな作品ばかりを公にしてゐた。
『蒲団』を書いた頃 (新字旧仮名) / 田山花袋田山録弥(著)