硯友社の沿革けんゆうしゃのえんかく
夙て硯友社の年代記を作つて見やうと云ふ考を有つて居るのでありますが、書いた物は散佚して了ふし、或は記憶から消え去つて了つた事実などが多い為に、迚も自分一人で筆を執るのでは、十分な事を書く訳には行かんのでありますから、其の当時往来して居つた人 …
作品に特徴的な語句
をつ ほん さいわひ ぢやう たゝ それ あたゝ ちつと これ しやう 真向まむかう まじはり たゞち わづらは さき かね とは ぢき 日常ひなた ちよつ ある はん かふむ たはむれ そこ このみ 高尚こうせう 上手じやうづ 億劫おくゝふ たう ひきゐ もよふし ゑん なほ らう あたへ なの 其方そのはう もちゐ おのづ あづか きたな おは 朝夕あさいふ もう くはゝ 関係くわんけい いは 交際かうさい 提灯てうちん じゆく 如何いかに よろし みつ 此間このかん こゝ うへ はずみ 帰路かへりみち ぼん きは すで 計画けいくわく 相対さしむかひ 相応さうおう ある てん 研究けんきふ 端緒たんちよ この うそ 宴会ゑんくわい とほざ 失敗しつぱい とが おほ さう 追想つひさう とも 相識ちかづき さう げふ かは かは るゐ 上下じやうげ 構内かうない わか 元来ぐわんらい ごく 桃園とうゑん