“失敗”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しくじ34.2%
しま27.9%
しくじり14.0%
しっぱい7.7%
しつぱい5.9%
しまつ1.8%
しも0.9%
しくじる0.9%
すかたん0.9%
やりそこ0.9%
あやま0.5%
おくれ0.5%
しく0.5%
しくじっ0.5%
しくじつ0.5%
しつはい0.5%
しまっ0.5%
はずれ0.5%
へま0.5%
やりそこな0.5%
フェイル0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「冗、冗談しちゃいけません師匠、失敗ったのに褒美てえのはないでしょう。そんななにもダレさせるようなことをなさらねえでも」
円太郎馬車 (新字新仮名) / 正岡容(著)
通って、失敗った、あんなにお金はつかうんじゃなかったと、悲しげに金魚を眺めているだけなんだよ。何時も何時もそうなんだよ。
蜜のあわれ (新字新仮名) / 室生犀星(著)
さもありさうな事で、酒は酒飲み自身の知らない色々な善い事をするものだから、少し位悪い失敗があつたつて少しの差支もない。
は、り、今度は、失敗をしないつもりで、けた仏像をふろしきにんで、金持ちのところへってかけました。
天下一品 (新字新仮名) / 小川未明(著)
うですね、年少田舍大盡が、相場つて失敗でもしたか、引掛つて費消ぎた……とでもふのかとえる樣子です。
艶書 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
百合子が自分も不安さうにして斯んな事を云つた時には、堀口等は思はず異口同音に、失敗たなあ! と長大息を洩したものである。
南風譜 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)
失敗た、とあの人は約束の時間におくれたことに改めて思いあたり、そして京都の夜の町をかけずりまわって、その友達を探すのである。
天衣無縫 (新字新仮名) / 織田作之助(著)
「若い人がよく失敗といふが、全く誠実と熱心が足りないからだ。も多年の経験で、此年になる迄つてたが、どうしても此二つがないと成功しないね」
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
ここで逃げだしてしもてやな、工事が失敗になって見イ、死んだ連中が浮かばれへんやないか。わいらは正真正銘の日本人やぜ
わが町 (新字新仮名) / 織田作之助(著)
その中で道節が短気で粗忽で一番人間味がある。一生定正を君父の仇とって二度も失敗なっている。
八犬伝談余 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)
「私が少し失敗ったものですからね」
支倉事件 (新字新仮名) / 甲賀三郎(著)
今にして一躍のもとに乗り越さずんば、ついに失敗を取らざるを得ざるべきなり。
義血侠血 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
それから、皆のする事を危ぶんで、「何んか、別にえゝこどでもねえべか。」と云つたり、「失敗じつたらハ、飯の食ひツぱぢになるべし。」
防雪林 (旧字旧仮名) / 小林多喜二(著)
「その代り失敗て、もう帰って来ました」
それから (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
「其代り失敗て、もうつてました」
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
れてゐるばかりでなく、によく寫眞器で、一ダースが一ダース、めつたに失敗もないといふやうなことが、ふまでの心のひ出と相つて
余は梯子の中段より真逆様に船底に落ち込み、失敗たと叫びしまでは記憶すれど、その後は前後正体もなくなったり。
南極の怪事 (新字新仮名) / 押川春浪(著)
それから、ゆっくり(寝くたばれ!)といってきかせるのです。突き刺された方は、そこで、急いで寝くたばってしまう。千に一度の失敗はないのです。一九二〇年のことでした。
(俺らしい失敗だ)と、もう自分にも腹を立てて、どすんと音を立てて腰掛けた。醜いまでに真赤になっていることが意識された。それが情けなくて、むっとした顔を上げた。
青春の逆説 (新字新仮名) / 織田作之助(著)
が、寝言にまでもこの一大事の場合を歌っていたのだから、失敗うまでもこの有史以来の大動揺の舞台に立たして見たかった。
二葉亭追録 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)
今、私共が見ずにはいられない事実であるけれども、私共は、失敗した今日の現象と、其の背後に潜んでいる希願との、恒久性の差を、明かに見て進まなければ成らないのではあるまいか。
断想 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)