天下一品てんかいっぴん
ある日のことであります。男は空想にふけりました。 「ほんとうに、毎日働いても、つまらない話だ。大金持ちになれはしないし、また、これという安楽もされない。ばかばかしいことだ。よく世間には、小判の入った大瓶を掘り出したといううわさがあるが、俺も …
作品に特徴的な語句
ひととお づつ ぴん うえ とど ぐら 失敗しっぱい あや 黄金おうごん 職業しょくぎょう さく ねつ ぞう 先刻せんこく ゆび ぶん 田地でんち だい 左右さゆう りょう なか あたま 預金よきん いえ 今日きょう あいだ 鑑定かんてい 代々だいだい きん ぶか 肥料こえ からだ うん あたい 値打ねう さき はら はい 生活せいかつ 彫刻ちょうこく かる 大瓶おおびん かれ はな きゅう たず ごと 売買ばいばい 見物けんぶつ そと 目下めした 細道ほそみち 見入みい こた 笑顔えがお 空想くうそう そら わたし 神々こうごう まつ 着物きもの 眼鏡めがね 物識ものし 歓迎かんげい ある 残念ざんねん 毎日まいにち 気持きも わた 満足まんぞく 父親ちちおや もの 田舎いなか うたが 番頭ばんとう まち おとこ もう めずら