“繰”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
85.6%
くり6.7%
あやつ3.4%
たぐ1.4%
くく1.0%
0.5%
あや0.5%
くっ0.5%
0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼女に云わせれば、こうして早く帰るのも、あんなに遅くなった昨日の結果を、今度はさせたくないという主意からであった。
明暗 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
の長い寫眞物語りのペエジにも悲喜こも/″\の出來事が返されたが、あの刹那にまさるしさがもうびあらうとはへない。
其船頭悠然として、片手りはじめながら、片手白鷺一羽ひながらりて、まつたのである。
麻を刈る (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
り出すようにしながら、ともかくも首尾を通して説明することが出来るようになって来た。
動かぬ鯨群 (新字新仮名) / 大阪圭吉(著)
急いで、一枚一枚、っていくうちに、私は、その青写真が、どんな器械をあらわしているかについて、知ることが出来た。
人造人間の秘密 (新字新仮名) / 海野十三(著)
姉は織物をしたり糸をったりしてはございませんが、少しが有れば大滝村の不動様へ親父生死行方が知れますようにと信心して、姉弟二人中ようして暮して居ります。
敵討札所の霊験 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
にこれをつりしは、省の官長にて、今はこの糸、あなあはれ、天方伯の手中に在り。余が大臣の一行と倶にベルリンに帰りしは、も是れ新年のなりき。
舞姫 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
日曜日は近頃に無い天下晴れ、風も穏かでたず、暦をて見れば、旧暦で菊月初旬という十一月二日の事ゆえ、物観遊山にはて来いと云う日和
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
と、教授は腑抜のした顔でそれをもじやつてゐるうち、ふと仏様の笑顔が家主の因業爺のやうに見え出した。