“繰廻”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
くりまわ80.0%
くりまわし20.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
何の必要もないのにそういう世帯の繰廻しを誰にでも吹聴するのが沼南の一癖であった。
三十年前の島田沼南 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)
三十どりの會社員此形粧にて繰廻しゆくおもへば此女小利口才覺ひとつにて、良人つてゆるやららねども、失敬なは野澤桂次といふ見事立派名前ある
ゆく雲 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
育児院は、ナニ、養生をしてるので、私等は九死一生、餓死凍死をしようとする大病人、ちょいとそれ繰廻を附けて下すってもかろうと思いましてね。
貧民倶楽部 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)