貧民倶楽部ひんみんくらぶ
六六館に開かるる婦人慈善会に臨まんとして、在原伯の夫人貞子の方は、麻布市兵衛町の館を二頭立の馬車にて乗出だせり。 いまだ額に波は寄らねども、束髪に挿頭せる花もあらなくに、青葉も過て年齢四十に近かるべし。小紋縮緬の襲着に白襟の衣紋正しく、膝の …
作品に特徴的な語句
ちょ せん たまさか とっく つめて ごのみ 可憐あわれむべし いてえ さぶろ 交際つきあっ つくぼ しば あわ いたく おわ くんだ ゆえ がかり こせ 歩行ひろ はん 恍惚みと ひん むだ 悠然ゆらり さき さぶら おら くい おはした おっ 失策しまっ はや はずかしめ 中央まなか ひく 相応ふさわし あまっ せた すがた 蘇生よみがえり おおせ あやし おきて 夫人あなた くじき おもて いじ 直接じかづけ なか むかい いつ 材料だね きわま こころ 無情つれない だんまり あだ おこない たた 私等わたしども きさま まがつび あっし なら 目的つもり いた すずし ひと 後退あとずさり 打破ぶっこわ 翌朝あくるひ 私等わたくしども わっち 恐怖こわごわ 微笑えみ おび めのふち じば あっ 怪訝おかし 美麗うるわ おれ ひか ゆす わり