“勝”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
まさ27.2%
すぐ23.7%
14.0%
がち9.0%
かち5.2%
かつ3.8%
3.6%
3.1%
1.6%
しょう1.3%
まし1.0%
しよう1.0%
かっ0.7%
すぐれ0.7%
かた0.7%
0.5%
マサ0.5%
たえ0.3%
かな0.2%
かツ0.2%
0.2%
せう0.2%
たへ0.2%
まさし0.2%
まさつ0.2%
まさり0.2%
まさる0.2%
まされ0.2%
ませ0.2%
0.2%
カチ0.2%
カツ0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
右はいずれも、人生の智徳を発達せしめ退歩せしめ、また変化せしむるの原因にして、その力はかえって学校の教育にるものなり。
徳育如何 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
「さあ、金さん」と差し出されたのを、金之助は手に取って見ると、それは手札形の半身で、何さま十人並みれた愛くるしい娘姿。
深川女房 (新字新仮名) / 小栗風葉(著)
も、負けてもはおごつてく方がかつたがどういふのかこの師弟勝負はとかくだれちで、仕舞ひには憂鬱になつて
文壇球突物語 (旧字旧仮名) / 南部修太郎(著)
その頃、崖邸のおさんと呼ばれていた真佐子は、あまり目立たない少女だった。無口で俯向で、にはよく片唇んでいた。
金魚撩乱 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
彼処の釣になると、上手も下手も有ツたもんで無く、只、氷こわし棒の、長いのでも持ツてる者が、を取るだけですから…………。
元日の釣 (新字旧仮名) / 石井研堂(著)
下っ引のが飛んで来ました。鋳掛勝という中年男で、乾し固めたような小さい身体ですが、ガラッ八などよりは物事が敏捷に運びます。
予在外中しばしば屠場近く住み、多くの牛が一列に歩んで殺されに往くとて交互哀鳴するを窓下に見聞して、惨傷えなんだ。
と、なんという奇観、人造人間は、ちに、身体を曲げて車輪になるのがあるかと思うと、四五人横に寝て、鋼鈑となるものもある。
それも真面目なら貴族の道楽として芸妓を買うよりしだらうが、矢張浮気で妄想の恋愛小説を書いて見たいが山だから誠に困つたもんだ。
犬物語 (新字旧仮名) / 内田魯庵(著)
去年の夏だ、八田潟ね、あすこから宇木村へ渡ッて、能登海浜ろうと思って、を出たのが六月の、あれは十日……だったかな。
取舵 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
、こんな思を為るくらゐなら、いつそ潔く死んだ方がだ。死んでさへ了へば万慮くこの苦艱は無いのだ。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
三高教授の安藤氏は人も知る音楽学校の安藤幸子女史の亭主で、幸子女史と比べると、ずつと女性的の優しい顔立を持つてゐる。
敵にり味方に為り、散々論じてたり負けたりするのが面白いと云うな、毒のない議論は毎度大声でて居たが
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
へば女の化粧する動靜なり何心なくば年の頃は十八九の娘の容色美麗きが服紗より一ツの金包を取出し中より四五て紙に包み跡を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
を握って見ている、人は人情でございますから、何うぞして娘にせたい、娘に怪我をさしたくないと見ず知らずの者も心配して、橋のに一抔人がって居りますが
敵討札所の霊験 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
猿果てたる姿見た者なし、当社の使者奇妙の働き〈古今げてうべからず〉という(『日吉社神道秘密記』)。
山のも、雲も何もない方に、目をして、何時までも端坐して居た。郎女の心は、其時から愈々澄んだ。併し、極めて寂しくなりつて行くばかりである。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫釈迢空(著)
けだしその船の大小、人員の多寡、いまだ知るべからずといえども、動物の属その数億のみならず、あにことごとくこれをするにんや。
教門論疑問 (新字新仮名) / 柏原孝章(著)
「何とでもおっしゃい。どうせあなたにはいませんよ」と、お梅は立ち上りながら、「御膳はお後で、皆さんと御一しょですね。もすこししてからまた参ります」
今戸心中 (新字新仮名) / 広津柳浪(著)
、お前え何んかさんに用でもあるのか?」ときいた。
防雪林 (旧字旧仮名) / 小林多喜二(著)
八宗九宗の碩徳たち虎豹鶴鷺ぐれたまえる中にも絶類抜群にて、えば獅子王孔雀王、我らが頼むこの寺の塔も絶類抜群にて、奈良や京都はいざ知らず上野浅草芝山内
五重塔 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
先づ出に及んで何と四、すつかり得になつてゐると、つい二三日前には口しさのやさんずとうから來に及んで何と三、物の見事に復讐されてしまつた。
其方儀貞實信義烈女民間にはなる者なり汝が貞心天もずる所にしてが無實の罪明白に成事感賞たりとて厚く御褒詞有之
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
毛利右馬頭殿にも、秀吉が存分の次第、御覚悟なされ候へば、日本の治、頼朝以来、いかでるものあるべきや。よくよく御量見専用に候ふ。
新書太閤記:10 第十分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
私は帰りがけ何となくしく、自分の手柄ではない中にも一銭を真心もつて人に恵んだおかげに金銀にたつかひ様が出来たと思ひ、足が地につかない様にび/\家に帰り升た。
黄金機会 (新字旧仮名) / 若松賤子(著)
す其爲にを振つてす實に見上げたる和女心底年まだ二十歳に足らざる少女の爲可きにはあらざりける男擧動こそ親しき天晴女然れども人を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
きのうは三越へ降りたついでに、のためおもちゃを買いました、其は色も何もついていない、ちょいとした積木ですが、二つで十一円何十銭かでした。ほんの小さいものなの。
ゆゑに家毎井水りとし、しかもにてもべきなれば、平日の便利井戸よりもはるかにり。
見やりて父は打笑ひた樣でも幼稚兎角縁談の事しいのが先に立ゆゑ判然返事も出來ぬ物だが一連添本夫の事な者をば無理やりに行とは決して言はせねど昨日向ふは其方
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
出稼人根性ヤメヨ。カツイデ見事帰郷被告タル酷烈自意識ダマスナ。ワレコソ苦悩者刺青カクシタ聖僧。オ辞儀サセタイ校長サン。「編輯長チタイワレマイ努力
創生記 (新字新仮名) / 太宰治(著)
即、相手は、どう言ふ弱点を有つて居るか、其弱点を自分はよく知つて居る、と言へば、になるのである。汝は何時出来た。お前は何時どうした。
万葉集の解題 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
「そんなら、という字を入れたらええのに」
花と龍 (新字新仮名) / 火野葦平(著)