“返事”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
へんじ97.4%
かえ0.9%
かへりごと0.9%
カヘリゴト0.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
は、さもとがめられたようにくして、なんと返事をしていいかわからず、ただ、きながら仕事をするばかりでした。
だまされた娘とちょうの話 (新字新仮名) / 小川未明(著)
そんな気がして、また、藤吉を見やると、藤吉の視線も、いつになくいて、同じ意味を返事して来た。
儘ならぬ世の義理に心ならずとは言ひながら、斯かる誠ある人に、只〻一言返事だにせざりし我こそ今更にしくも亦罪深けれ。
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)
(一)……伊波比返事神賀吉詞……のまゝに、供斎つかへまつりて……天つつぎての神賀吉詞まをしたまはくとまをす。(出雲国造神賀詞)