日本文学の発生にほんぶんがくのはっせい――その基礎論――――そのきそろん――
河内里(土中下。)右、由川為名。此里之田不敷草下苗子。所以然者、住吉大神上坐之時、食於此村。爾、従神等、人苅置草解散為坐。爾時草主大患訴於大神、判云汝田苗者、必雖不敷草、如敷草生。故、其村田于今不敷草作苗代。(播磨風土記) (二)復有兄磯城 …
作品に特徴的な語句
アヘ ミコト ゴト カミ ギン マレ 扮装ヤツ ツギテ ハツ コト カタ 天皇スメラガ 心中オモホシメス エイ アラソ ミヤツコ 遊行ユギヤウ トモ ハジメ ミコト 帰来ヨリクル マツリゴト ワザ サキ 饗応アルジ イソ シキ 一二ヒトリフタリ 古家フルヤ アマ シタガ シヅ カバネ くに アメ もつとも ナミ ただち 三宝サンバウ ミコトモチ 返事カヘリゴト 公家クゲ 召人メシウド 宮路ミヤヂ ウタゲ ヤド なほ くる 海部アマ 物知モノシリ 皇子ミコ 纂記ツギブミ 開闢ハジメ 刀禰トネ かへ もと 天降アモ 太初ハジメ しばら 常世トコヨ 影向ヤウガウ 癋見ベシミ オヤ 祝詞ノリト 舎人トネリ ナゾ 頭屋トウヤ 之我シガ 供斎イハヒゴト 八意ヤゴヽロ 口遊クイウ 吉詞ヨゴト 咒著カシリツクル ただ 大巫オホミカムコ 寿詞ヨゴト 射礼ジヤライ 小忌ヲミ すくな 弟猾オトウカシ ほしいまま さて 挂畏カケマクモ 斎部イムベ 新室ニヒムロ 旨宣ラマト 朝所アイタンドコロ ミヅ ほぼ 神賀カムホキ やや 縮見シヾミ 覆奏カヘリマヲシ 言寿コトホギ 言霊コトダマ
題名が同じ作品
日本文学の発生 (新字旧仮名)折口信夫 (著)
日本文学の発生 (新字旧仮名)折口信夫 (著)