“浪”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
なみ96.5%
みだ1.8%
みだり0.6%
らう0.6%
ナミ0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
盛夏三伏の頃ともなれば、影沈む緑のに、月の越すばかりなり。冬至の第一日に至りて、はたとむ、あたかもを断つごとし。
一景話題 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
外人が鋭意して真似んともがく所以のものを、われにありてはりに滅却し去りて悔ゆるなからんとするは、そもそも何の意ぞ。
神社合祀に関する意見 (新字新仮名) / 南方熊楠(著)
老いたるものとて侮るべからず、無用に似たる人をも物をもに棄てずば、また益をなすことあるべし。
印度の古話 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
、浪、浪 として しづかなり
秋の瞳 (新字旧仮名) / 八木重吉(著)
時天照大神誨倭姫命曰、是、神風伊勢国則、常世重浪帰国也傍国可怜国也。欲是国。故随大神教其祠立於伊勢国。因興斎宮于五十鈴川上。是謂磯宮