一景話題いっけいわだい
夫人堂 神戸にある知友、西本氏、頃日、摂津国摩耶山の絵葉書を送らる、その音信に、 なき母のこいしさに、二里の山路をかけのぼり候。靉靆き渡る霞の中に慈光洽き御姿を拝み候。 しかじかと認められぬ。見るからに可懐しさ言わんかたなし。此方もおなじお …
作品に特徴的な語句
かしず ひぎまず きわま だち 夫人ぶにん つやや 何方いずかた もう いだ それ おおき 御像おんすがた くら すご あまり ばかり 商標しるし いにしえ じつ 悚然ぞっと くわ 一条ひとくだり ごおり しゅ おのず くれない 白石しろいし りょう いつ ちな あねえ おし たい おもい ゆう うつばり なら 頃日このごろ 音信おとずれ 靉靆たなび 陸奥むつ くだ はるか たが あやま 軍立いくさだち またが もう なが 蒋山しょうざん おど 継信つぎのぶ げん べに しん まこと はた えが みだり 物凄ものすさま 活計たつき 此方こなた 東家とうか 方々かたがた ゆす ゆびさ 打寛うちくつ あわれ 御髪おぐし おん きざ かい 婆々ばばあ まさ からかさ たえ 伝教さんだいふ かたわら おおい つい まろ さかさま 劉耽りゅうたん かすか 処女むすめ 萌黄もえぎ あお ふんどし 華冑かちゅう のぞ