“物凄”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ものすご89.1%
ものすさま4.7%
ものすさ3.6%
ものすさまじ1.0%
ものすげ0.5%
すさま0.5%
ものさびし0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
正面より見ればまれての馬の子ほどに見ゆ。から見れば存外小さしといえり。御犬のうなる声ほど物凄く恐ろしきものはなし。
遠野物語 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
まだ、朝早き、天守からをかけてつて、処々物凄じくて、つてさうなのは、かすのではない。
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
赤い振袖を着た稀代の美男が、復讐の快感にひたって、キラキラと眼を輝かす様は、言いようもなく物凄まじい観物です。
時に蝕しつつある太陽を、いやが上にい果さんずる修羅の叫喚物凄く響くがごとく、油蝉の声の山の根に染み入る中に、英臣は荒らかな声して
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「脱走船員」の私を助手に十余人の「生ける幽霊」を引具し、今から朝まで順々にその物凄えところを廻ってあるこうというのだ。
武士の子というはあったにしても、幾日も幾月もの間、小さい余吾之介は、その物凄じい幻に悩まされて、内証でえていたことを思い出したのです。
十字架観音 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)
立石夫婦も知りては笑ひなどしけるを直助は面目なく遺恨に思ひ居たるに或夜立石夫婦は酒にて前後も知らず寢入しを見濟し其の夜丑滿物凄き折こそ能けれと直助は寢息
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)