“ものすご”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
物凄96.6%
悽愴1.1%
凄愴1.1%
凄惨0.6%
凄然0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
さあ、こうなると、がッがあッと、昼夜に三度ずつ、峠の上まで湯気が渦まいて上ります、総湯の沸きます音が物凄うなりましたわ。
わか紫 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
被衣を洩れた女の顔は譬えようもないほどに悽愴いものであった。彼女の眼は怪しくさか吊って火のように燃えていた。彼女の口はのように尖っていた。
玉藻の前 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
彼女が若かりし春の面影は、く花のようにも美しかったであろうと想像されるが、冬の老樹の枯れ朽ちたる今の姿は、凄愴いものに見られた。
飛騨の怪談 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
しかしかれらを恐れさせたのは、その旅人の背負っている重い罪の影か、あるいは殺された女の凄惨い姿か、確かには判断がつかない。
木曽の旅人 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
遠寺ガウ/\とき渡り凄然く思はるればさしも強氣の者共も小氣味惡々足にせて歩行き火の光り見えければこそ燒場火影ならんと掃部は先に立て行程に隱亡小屋近接折柄道の此方なる小笹りし石塔より一刀りと引拔稻妻の如く掃部が向う
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)