“凄惨”のいろいろな読み方と例文
旧字:凄慘
読み方割合
せいさん97.3%
むご1.4%
ものすご1.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
安岡は研ぎ出された白刃のような神経で、深谷が何か正体をつかむことはできないが、凄惨な空気をまとって帰ったことを感じた。
死屍を食う男 (新字新仮名) / 葉山嘉樹(著)
見る見る乱脈な凄惨たらしい姿に陥って行く、その表現れて来る色と、形との無量無辺の変化と、推移は、殆ど形容に絶した驚異的な観物であったろうと思われる。
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)
しかしかれらを恐れさせたのは、その旅人の背負っている重い罪の影か、あるいは殺された女の凄惨い姿か、確かには判断がつかない。
木曽の旅人 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)