“むご”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ムゴ
語句割合
43.1%
30.7%
13.8%
3.9%
惨酷2.5%
残酷1.8%
無残1.1%
夢語0.7%
0.4%
0.4%
凄惨0.4%
婿0.4%
慘酷0.4%
残忍0.4%
残虐0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
は、そんない事をしたおぼえはないがと、赤とんぼが、首をひねって考えましたとき、おじょうちゃんが大声でさけびました。
赤とんぼ (新字新仮名) / 新美南吉(著)
「神や佛が、そんなたらしい事をする道理は無いぢやありませんか、ね親分。五人の子供の親達の歎きは、見ちや居られませんよ」
手術をすれば、たぶんるであろうが、青木の親たちは、手術はいから忍びないと言って、成行にすことにしたのであった。
挿話 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
うれはしきクレオパトラは今もこの物の爲に泣く、彼はその前より逃げつゝ、蛇によりてなるき死をげき 七六—七八
神曲:03 天堂 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
それに連れて眼の前に惨酷たらしい『狂人焚殺』の絵額や、ニコニコしている斎藤博士の肖像や、蒼白い、真面目な若林博士や、緑色に光る大卓子
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)
けれども残酷たらしくかれたその花と茎のれな姿を見るや否や、彼はすぐまた一種の果敢ない気分に打ち勝たれた。
道草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
あの音のガンガン鳴り続けいるなら、たちがドンナに無残い殺されようをしても村の人には聞えやせんでなあ。一知は村の者から頼まれて、私たちを殺しに来た奴かも知れんと思うがなあ。
巡査辞職 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
影のように奇妙な人物——あの老いぼれのおしゃれや、船の奥にいるやぎひげなどが、なんともつかぬしぐさや、わけのわからぬ夢語をともなって、この休息者の脳のなかを通って行った。
貴嬢が掌に宝丹移せし時、貴嬢は再びわが顔を打ち守りたまいぬ、うるみたる貴嬢の目の中には、むしろ一の毒薬たまえき君とのたもう心やかに読まれぬ。
おとずれ (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
われに渡しければわれ直ちに薬をいて貴嬢が前に差しいだしぬ、この時貴嬢うるみてわが顔を打ち守りたまいたる、ああき君かなとのたまいしようにわれは覚えぬ。
おとずれ (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
湯河原じゃア知らねい者はいだけんどね、イ一番よく知ってるというのア、その孩児……今じゃア此様なにくなってるが、生れたばかりのおさんをくしたのを
名人長二 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
ハアえていやすとも、い人だと思ったから忘れねいのさ、男の方は廿五六でもあったかね。
名人長二 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
見る見る乱脈な凄惨たらしい姿に陥って行く、その表現れて来る色と、形との無量無辺の変化と、推移は、殆ど形容に絶した驚異的な観物であったろうと思われる。
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)
それは冬のことで、私は叔母と一緒に橇の隅へうずくまつてゐると、橇の動きだす前に私のすぐ上の兄が、婿婿と私を罵つて橇の幌の外から私の尻を何邊もつついた。
思ひ出 (旧字旧仮名) / 太宰治(著)
慘酷い/\めにはされたのぢゃ! おゝ、戀人よ! よ! いや/\、とははれぬ、んでしまうてゐやる戀人
それにしても、お種だけならいざ知らず、もゆかりもないお鳥までめてしまうとは、何たる非道か奴でござりまッしょうか。鬼というてもこうまで残忍かことはいたしますまい
だがもう、どんな屍を見ても、残虐いとも、哀れとも二人は感じなくなっていた。そうした神経だったのに、武蔵は何に驚いたのか、又八もぎょっとして足をすくめ
宮本武蔵:02 地の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)