平賀源内捕物帳ひらがげんないとりものちょう長崎ものがたりながさきものがたり
朱房銀欛の匕首 源内先生は旅姿である。 旅支度と言っても、しゃらくな先生のことだから道中合羽に三度笠などという物々しいことにはならない。薄茶紬の道行に短い道中差、絹の股引に結付草履という、まるで摘草にでも行くような手軽ないでたち。茶筅の先を …
作品に特徴的な語句
ええら 悪戯わるごと 痙攣ふるい くど 姿態ざま 食卓ターブル 明瞭ささくり 悄々しゅんしゅん 交互たがいちがい 公然けんたい 造作つくりつ くくり あば 主人おやじ 居住いす 床几ばんこ 都合つもり 拒絶けんつき 本当しょう 麺麭ブロート 幻燈フロ 蹌踉よろけ 悪漢いたろう 団子トワンツー 唐人あちゃ 油揚コツレツ 如何どう 足拵あしごしらえ 会合さしあ はず 支障さしつかえ 斜面なぞえ かか レーブル あや わたり 存候ぞんじそうろう 引開ひきひら うしろ 微々とろとろ 堅気きんとう ざま 抱付だきつ 指輪ゆびがね 是非しゃッち 最初はな 様子さま 款待もてなし 気落らくたん あざやか 内儀ないぎ かご ぬか ことぎ 作付つくりつ 肉刺ハーカ 貴君あんた 何処いずく 詫言かねごと 虚言そらごと 寧波ニンパオ しめ 尾垂おだれ 魂消たまぎ かばね はま こつ たくみ 馳付はせつ 帰途かえりみち 階段きざはし あいだ むご うたい 諄々くどくど おぼ 競売せり 灯火あかり うるさ 残忍むご マスト ひとり 狼狽うろた なま 有之これある にべ 船繋ふながかり ふなべり 手酷てきび ぬき 揚屋あがりや 断念あきらめ
題名が同じ作品
平賀源内捕物帳:山王祭の大像 (新字新仮名)久生十蘭 (著)
平賀源内捕物帳:萩寺の女 (新字新仮名)久生十蘭 (著)