平賀源内捕物帳ひらがげんないとりものちょう長崎ものがたりながさきものがたり
朱房銀欛の匕首 源内先生は旅姿である。 旅支度と言っても、しゃらくな先生のことだから道中合羽に三度笠などという物々しいことにはならない。薄茶紬の道行に短い道中差、絹の股引に結付草履という、まるで摘草に …
作品に特徴的な語句
輿入こしい かんな 盂蘭盆うらぼん 堅気きんとう 貴君あんた ともえ 一廉ひとかど 奥床おくゆか 木魚もくぎょ 道行みちゆき のき 柴折戸しおりど 看破みやぶ 様子さま 丹塗にぬり 上框あがりがまち 茶筅ちゃせん 離座敷はなれざしき 有之これある 行水ぎょうずい 詫言かねごと 無之これなく 揚屋あがりや 断念あきらめ 一揖いちゆう 団子トワンツー 殷賑いんしん 沓脱石くつぬぎいし おこり 思惟しい 佳肴かこう 阿蘭陀オランダ 憂悶ゆうもん 法会ほうえ 一生懸命せいだし 今夕こんせき 宝暦ほうれき はず 義兄あに 油揚コツレツ 扁額へんがく 手酷てきび 玻璃はり 下僕しもべ 残忍むご 虚言そらごと 闕所けっしょ すっぽん 使者つかい おさ 款待もてなし 佶屈きっくつ 素跣足すはだし 階段きざはし 商売あきない 食卓ターブル 小網町こあみちょう 悄々しゅんしゅん 肉刺ハーカ 急込せきこ 指輪ゆびがね 堆高うずたか 射込さしこ 幾許いくばく 物持ものもち 肩胛骨かいがらぼね 巴旦杏はたんきょう 出島でじま 姉婿あねむこ 本当しょう 浮々うきうき 蹴放けはな 悪漢いたろう 姿態ざま にわとり 斜面なぞえ 一抱ひとかか 唐木からき 嵌込はめこ 早飛脚はやびきゃく 罪科つみとが 足拵あしごしらえ 富裕ふゆう 唐人あちゃ 儒者じゅしゃ つか 梟首さらしくび 米屋こめや 茉莉花まつりか 藍玉あいだま 馳付はせつ 幻燈フロ 情交なか 杭州こうしゅう 風鐸ふうたく 浙江せっこう 眉目秀麗びもくしゅうれい 種板たねいた 高足こうそく
題名が同じ作品
平賀源内捕物帳:山王祭の大像 (新字新仮名)久生十蘭 (著)
平賀源内捕物帳:萩寺の女 (新字新仮名)久生十蘭 (著)