“油揚”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
あぶらげ60.0%
あぶらあげ31.1%
フライ4.4%
あぶらあ2.2%
コツレツ2.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ほかの事なら一人の妹の事だから何でも聞くつもりだが、坊主だけは勘弁して貰いたい。坊主と油揚は小供の時からなんだから
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
それも無論鶉には相違なかった。けれどもただ西洋流の油揚にしてあるばかりで、ややともすると前の附焼れやすかった。
満韓ところどころ (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
やつとこさで牡蠣の油揚した選挙人は、のやうに、食物で汚れた唇を、ナプキンで拭き拭き言つた。
最初に肉羹が出、つづいて牛脇腹油揚野鴨全焼という工合に次から次に珍味佳肴が運び出される。