“嘴”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
くちばし80.9%
はし11.7%
くち6.2%
くちば0.3%
0.3%
0.3%
つま0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それはであった。長いの上の方の黄ろい古怪な形をした水禽は、境内の左側になった池にでも棲んでいるのか人に恐れなかった。
春心 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
と鸚鵡のかたへ首さしいだしていうに、姉君憎むちょう鳥は、まがりたるを開きて、「さならずや、さならずや」と繰り返しぬ。
文づかい (新字新仮名) / 森鴎外(著)
そこいらの墓では、まだ火のれた、蝋燭を、真黒えて風のように飛ぶと、中途で、青い煙になって消えたんですのに。
しをれたいにも、更にその間隙が見附からない。
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
しばらくありて、右の小鳥は辺および部に爪牙の跡を得、血を垂れ、来たりて小生に向かい哀を請うがごとし。
妖怪報告 (新字新仮名) / 井上円了(著)
いまでも雀ののあたりの黒いのはこのとき墨の容物を投げた、墨が垂れてついたもので、羽にぽつ/\と、黒い斑点のあるのは、墨の散つてついたのだといふことです。
小熊秀雄全集-14:童話集 (新字旧仮名) / 小熊秀雄(著)
雀は、しばらくためらって後、大きなかけらを素早くんで、煙突の向うへ飛び去りました。が、じき一羽の友を伴れて、戻って来ました。友はまた友を伴れて来ました。