“はし”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ハシ
語句割合
27.3%
22.6%
15.7%
9.8%
6.7%
4.9%
2.8%
2.4%
1.9%
0.8%
疾走0.5%
0.4%
0.4%
0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
一端0.3%
0.3%
尖端0.2%
0.2%
0.1%
帆走0.1%
0.1%
0.1%
雪橋0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
撥橋0.1%
最端0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
橋梁0.1%
檜橋0.1%
波子0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
僧は上りに腰かけて、何の恥らう様子も無く、悪びれた態度もなく、大声をあげて食前の誦文を唱え、それから悠々とった。
とと屋禅譚 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
つもる雪もおなじく氷りて岩のごとく、の氷りたる次第に雪ふりつもり、のちには両岸の雪相合して陸地とおなじ雪の地となる。
え、牧場えてってくうち、あたりは暴風雨になってて、子家鴨では、いでけそうもない様子になりました。
そして何をするにも極端にらざるを得なかったので、法外なことを言っては、世人を憤慨さした。彼はこの上もなく率直であった。
猪子してなものよ、大方王様彼様三角形て、て、して、母様るのであらう。
化鳥 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
暴風雨模様の高浪を追越し追越し、白泡を噛み、飛沫を蹴上げて天馬るが如く、五島列島の北の端、城ヶ島を目がけて一直線。
名娼満月 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
からのあとの打沈める蒼々漫々たるは、水底はうとして、つて、大蛇灘夕日影つた。
十和田湖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
南の枝にも梢にも、残る葉はなくて、黄葉は唯北方に密集して居る。其裸になった梢に、の大きな痩鴉が一羽とまって居る。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
羅馬は栄華の極盛に達し国民は相次いで華美逸楽へとった結果、当初の剛健勇武なる民は国を挙げて文雅懦弱な国民となり
ウニデス潮流の彼方 (新字新仮名) / 橘外男(著)
とは思わず口頭った質問で、もちろん細君が一方ならず同情を主人の身の上に寄せたからである。しかし主人はその質問には答えなかった。
太郎坊 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
そして間をおいて青白い瓦斯燈っている右側の敷石の上を歩いてゆくと、突然前方の暗闇から自動車が疾走ってきて、彼の横を通り過ぎた。
緑衣の女 (新字新仮名) / 松本泰(著)
りいく窓の外では、虫の声々、雨とながれる。
寄席 (新字新仮名) / 正岡容(著)
そして一座を見渡したのち、広い母屋を廻って、二人を三段のの所まで引き出し、った土の上に衝き落す。
山椒大夫 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
やぎのジム(飼犬の名)が人々の後を追ひかけ廻つてられたり、子供たちが走つてんで収穫物が笊の中から飛び出して地べたをころ/\ころがりあるいたり、……そんな日には家中に愉快な
新らしき祖先 (新字旧仮名) / 相馬泰三(著)
するとそのうちの、色の浅黒い男振りのいいっこそうな一人が立って、激した調子で云いかえした。それは吉原だった。将校が云いこめられているようだった。
(新字新仮名) / 黒島伝治(著)
草刈等はなおまず、怠らず、まず、ここかしことれども、金属は釘の鉄葉もあらざりき。
金時計 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
莫迦げた話を——」と牧場主が云った。「何故と云って、それからその馬車が少しばかりり初めた時に、山賊の一人が息せききって駈戻って来たのです。 ...
薔薇の女 (新字新仮名) / 渡辺温(著)
町の西端に寺ありてゆうべゆうべの鐘はここより響けど、鐘く男は六十を幾つか越えしなれば力足らずえだえのは町の一端より一端へと、おぼつかなく漂うのみ
わかれ (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
尚且つ森田の許へらずに居られないといふ心持ちや、その事の是非善悪などは、私は充分理解したり、判断したりする力を持つてゐなかつたが
乳の匂ひ (新字旧仮名) / 加能作次郎(著)
が、美奈子は顔を上げて、相手の顔を、ぢつと見詰めるの勇気はなかつた。車台の床に投げられてゐる彼女の視線には、青年が持つてゐる細身の籐のステッキの尖端だけしか映つてゐなかつた。
真珠夫人 (新字旧仮名) / 菊池寛(著)
その小さい方のアルキッドは、あまりっこくありませんがね。
馬車はヴェラクルスへ向けてっていた。お客は私と商人のパリロ氏と牧場主のラメツ氏と医師のフェリラ氏とそしてその他に全く得体の知れぬ二人連れの男女が乗っていた。
薔薇の女 (新字新仮名) / 渡辺温(著)
「ただ帆走り廻られるだけです。あれが、キャプテンの御趣味なんです」
死の快走船 (新字新仮名) / 大阪圭吉(著)
うらふむ
孔雀船 (旧字旧仮名) / 伊良子清白(著)
しろくていかぬとて、焚火なんかめて、松薪完全、これはえがいから珍品だなんてつてるのである。
斯學熱心なるは、焚火にもられず、ちに車夫指揮して、上部發掘められた。
万斛の恨みが、いま分秒ごとに消えてゆく雪橋のうえに注がれている。援蒋ルートをふさぐ……九十九江源地へゆく千載の好機が、いま折竹の企図とともに永遠に消えようとしている。
人外魔境:03 天母峰 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
雪橋をわたるまえとり急ぎ
人外魔境:03 天母峰 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
イシカリの大きな原野が、い空と呼応して吹雪きだしたのであった。野におりた烈しい風は、るにつれて速度と圧力をたかめていた。
石狩川 (新字新仮名) / 本庄陸男(著)
その万端の支度をととのえて、主君邦夷が近づきつつある。蒸気船は必要なものを満載してこちらに向き、青い海を今や一散にりつつある——
石狩川 (新字新仮名) / 本庄陸男(著)
エストニアの伝説に、樵夫二人林中で蛇をあまた殺し行くと、ついに蛇の大団堆に逢い、逃ぐるを金冠戴ける蛇王が追いる。一人振廻り斧でその頭を打つと、蛇王金塊となった。
ああ、何もかも——と落胆したが、とにかく、そのがわりになっている旅川周馬という者に会い、絶家したお千絵様が、どこに身を落ちつけたか、それを尋ねてみるにしかずと門をくぐった。
鳴門秘帖:02 江戸の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
と訳のわからない事を喋舌ってゃいでいるうちに、ゴトンゴトンと音を立てて出て行った。
一足お先に (新字新仮名) / 夢野久作(著)
「ましみらくけらくさらくは伊豆の高嶺鳴沢なすよ」(三三五八或本歌)などでも東歌的動律だが、この方には繰返しが目立つのに
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
ある日曜日の午後二時ごろ、武は様子を見るべく赤坂区南町の石井をたずねた。のはいらぬ路地の中で、三軒長屋の最端がそれである。中古の建物だから、それほど見苦しくはない。
二老人 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
からはしまで歩き廻る——それは何やら満されない本能の求めなのではなかろうか——老爺さん湯川氏も、自分の本質を空しくして、ただ長く生きた九十年の生涯である。
旧聞日本橋:08 木魚の顔 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
葱嶺ゆるに毒風肌を切り、飛砂ぐ、渓間懸絶するにへば、を以てとなし、空にして進む」
『西遊記』の夢 (新字新仮名) / 中谷宇吉郎(著)
すなはちその室の一〇の本に追ひ至りて、背の皮を取り劒を尻より刺し通したまひき。ここにその熊曾建白して曰さく、「その刀をな動かしたまひそ。白すべきことあり」
男はそういって、杜に当てつけがましく、ミチミを抱かんばかりにして、焼け橋梁の上を浅草側に向って立ち去るのであった。
棺桶の花嫁 (新字新仮名) / 海野十三(著)
早くその注鍋で湯を沸かせろ、狐が檜橋の方からくるぞ、あいつにぶつかけてやらう、と、急に狐狩を思ひたつ、昔の人の、一ぱい機嫌が見えるやうに自分解釋もそへて
春宵戯語 (旧字旧仮名) / 長谷川時雨(著)
その運命の大神様の思召しによって、この世の中は土の限り、天のまでも支配されているので御座います
ココナットの実 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
高く昇る水は夢の如く白く、り飛ぶ水滴は叙情詩の砕けたる霊魂のやうに紫の街灯の影を宿して、さやさやと悲しく池の面を滑つてゐた。
市街を散歩する人の心持 (新字旧仮名) / 木下杢太郎(著)
さんはびつくりした子で小りにそこへへ出て※た。
(旧字旧仮名) / 南部修太郎(著)
そのとき先頭にっている自動車から、ポポーッ、ポポーッと警笛が鳴りひびきました。
崩れる鬼影 (新字新仮名) / 海野十三(著)