棺桶の花嫁かんおけのはなよめ
春だった。 花は爛漫と、梢に咲き乱れていた。 時が歩みを忘れてしまったような、遅い午後—— 講堂の硝子窓のなかに、少女のまるい下げ髪頭が、ときどきあっちへ動き、こっちへ動きするのが見えた。 教員室から、若い杜先生が姿をあらわした。 コンクリ …
作品に特徴的な語句
しい うわ かたわ かお つぶ ぼう とおり 橋梁はし ぱな じゅ ほど 薄笑うすえみ はじ 美味いし さま おく 夕炊ゆうめし かんばせ 低声ていせい におい 空虚くうきょ 前方まえ 気勢きせい きわ とら ひろ 小暗こぐら 天幕てんまく なんな 棟木むねぎ ふう わるび ぼたん しゃが にぎや おぼ わだか むしろ うなず じし 耳朶じだ くび 空虚から 禿はげ 眼眸がんぼう きれ とも 火床ひどこ がら むね ふる しき 指頭しとう ぬぐ かか 思召おぼしめし きれ はま 安穏あんおん 執着しゅうちゃく おさ 土塊どかい すべ 亀裂きれつ 台辞ぜりふ 人力じんりょく すさま 口付くちつき 処刑しおき しま 膀胱ぼうこう わら こら にわか がま 耳朶みみたぶ 耳許みみもと ふけ わび ひじ ふと 何気なにげ もろ すね わらび 茫漠ぼうばく たばこ 莫迦ばか 仰有おっしゃ おお