“通”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
とお27.5%
かよ24.4%
つう14.5%
とほ12.9%
とおり7.8%
とほり3.6%
どほ1.6%
どおり1.5%
どお0.7%
がよ0.7%
どほり0.6%
カヨ0.6%
みち0.5%
かよい0.4%
とう0.3%
0.3%
ツー0.3%
0.2%
かよわ0.2%
がよい0.2%
がよひ0.2%
とおっ0.1%
ストリート0.1%
かよは0.1%
かよひ0.1%
かわ0.1%
0.1%
0.1%
づう0.1%
とゑえ0.1%
どう0.1%
0.1%
ひととお0.1%
0.1%
ツウ0.1%
トホ0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
こんどは京都羅生門毎晩が出るといううわさがちました。なんでもりかかるものをつかまえてはべるという評判でした。
羅生門 (新字新仮名) / 楠山正雄(著)
仕事の都合で一年近く始終っていたK村では、昨年度戦災者を十数家族入植させたが、一家族残して全部逃げて帰ったそうである。
琵琶湖の水 (新字新仮名) / 中谷宇吉郎(著)
其頃東京むとき、にしては、んど使たしてゐた。福岡生活前後じて、中々苦鬪であつた。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
日本化物貧弱なのにして、支那るとる、支那はあの尨大であつて、西には崑崙雪山諸峰際涯なく
妖怪研究 (旧字旧仮名) / 伊東忠太(著)
(左様だ、今頃は弥六親仁がいつものを流して来て、あの、船のいで通りすがりに、父上に声をかけてくれる時分だ、)
三尺角 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
美奈子が宮の下の賑やかなを出はづれて、段々淋しい崖上の道へ来かゝつたとき、丁度道の左側にある理髪店の軒端に佇みながら
真珠夫人 (新字旧仮名) / 菊池寛(著)
はそれをふために授業けてはゐませんでした』とつて海龜長太息し、『規則りの課程んだゝけです』
愛ちやんの夢物語 (旧字旧仮名) / ルイス・キャロル(著)
兼太郎は返事に困って出もせぬ咳嗽にまぎらした。いつか酒屋の四つ角をまがって電車へ出ようとする真直な広い往来を歩いている。
雪解 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
これはつまり土地御守護らるる神様でございまして、その御本体最初からしの自然霊……つまり竜神様でございます。
茶屋の前から、道は、播州路へ向って、かなり急な坂である。銀山いの荷駄が往来を荒すので、雨天のひどい凸凹がそのままに固まっている。
宮本武蔵:02 地の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
自分は沢山の石段を降りる快さなどを思つて見た。急に明るいクリツシイに出てきつけの珈琲店つてくことも思つて見た。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
はせをおこすだけが、せめてものてだてゞ、其さへ無事に、姫の手に屆いて、見られてゐると言ふ、自信を持つ人は、一人としてなかつた。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫釈迢空(著)
往来提灯はもう消したが、一筋、両側の家の戸をした、しい町の真中に、六道の辻のしるべに、鬼が植えた鉄棒のごとくの残った、縁日果てた番町
菎蒻本 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
女「おをこれへ置きますから、若しも御用がございますなら仰しゃり付けて下さいまし、度々出ますでございますから」
霧陰伊香保湯煙 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
まだうらでありながら再縁しようなどという微塵もなく、どこまでも三浦殿様すとは見上げたものである。
處女子は 出でぬものか。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫釈迢空(著)
音楽のデガダンスでけがされていない音楽というものは、どうしたって、それを生める社会的・個人的条件があるので、まことに遅々とながら
これら微妙の光景に旅の苦しみも打ち忘れてぼんやりと見惚れて居ると足元の湖辺の砂原に赤あるいは黄、白の水鳥が悠々とあちこちに声を放ってい、湖上には鴛鴦が浮んで居る。
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)
一 若き時は夫の親類友達下部等の若男には打解けて物語近付べからず。男女のすべし。如何なる用あり共、若男に文などすべからず。
女大学評論 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
これが僕の二度目の吉原であった。そして最後の吉原通である。だから、ここに書き添えて置く。
ヰタ・セクスアリス (新字新仮名) / 森鴎外(著)
板橋のがたくり馬車がを曲りかけてけたゝましくを鳴らしてゐた。俥、荷車、荷馬車、其が三方から集ツて來て、此處でと停滞する。
昔の女 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
又私の妻も小娘のときには祖母さんに連れられて榎本の家にたことがあると云うので、少し往来の道筋がて居て全く知らぬ人でない。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
ヘンリの家には伯母の家族が住まっていたが、シェイクスピアは町の目抜の通、礼拝堂通から礼拝堂小路へかけての角屋敷で
シェイクスピアの郷里 (新字新仮名) / 野上豊一郎(著)
こゝに或村の娘、の御はたやにありて心をし、おはたをおりてたりしに、をほと/\となふものあり、心にそれとおぼへあれば立よりてひらき見るに、はたして心をす男也。
手長といふは膳部の方より請取、の方へ渡すを手長といふなり。
手長と足長:土蜘蛛研究 (新字新仮名) / 喜田貞吉(著)
しきりと御内書をされて、織田のうしろをかば、浅井、朝倉も同時に立つ、叡山、長嶋もともども手伝う、三河の家康ごときは一蹴して
新書太閤記:04 第四分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
処女子は 出でぬものか。
死者の書 (新字新仮名) / 折口信夫(著)
あの巨大え森のある明神さまの、彼処に隠れているのかえ、人の往来もねえだから定めて不自由だんべえ、彼処は生街道てえので、松戸へン抜けるに余程えから
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
寄進の興行にも軒をならべ、余りのにぎにぎしさにさそわれまして、ふと、とある舞台をきますと、見すぼらしい衣裳道具の女歌舞伎があの小野のが作とかいう源氏十二段、外の管絃の一場を
艶容万年若衆 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)
、堅かばい。兎に角、きまつた男があつてえ、そぎやんこたあ、にやでけん。そいでてきたツだもん、これまで……。そん方が身のためだるけん。苦労んなうしてよかばい。
牛山ホテル(五場) (新字旧仮名) / 岸田国士(著)
第一喜悦は、先刻輕氣球つたに、まで、我等べる太洋は、大西洋か、はたアラビアンかもらなかつたのが、只今水兵で、矢張つたり、
たとえばその鬱勃としたものが、手軽に云えば髪形の上や服装の上などにけ口が出来ているでしょう。
新時代女性問答 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
そして、店先って、なるほど、たくさんいろいろな仏像や、彫刻があるものだと、一られてあるものにしたのです。
天下一品 (新字新仮名) / 小川未明(著)
二十九日、信濃小県国分寺ヲグルニ、既ニ将門、千曲川ヲシテ待チ、前後ヲ合囲ス。
平の将門 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
むしろ、スレバズ——としていた。
私本太平記:04 帝獄帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
だが、考へると、やはり水溜りだつたので、河童の通ひ路はつてゐたのである。毛だらけの手が出て、臀べたを撫でたゞけでは、よく考へると、何の為にしたのか知れない。
河童の話 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)