“かよ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:カヨ
語句割合
94.5%
1.4%
加世1.4%
嘉代1.0%
加代0.7%
仔鹿0.3%
嘉誉0.3%
0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
孫七もの伸びたには、ほとんど血のっていない。おぎんも——おぎんは二人にべると、まだしもふだんと変らなかった。
おぎん (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
そうして今日までう中、洋次郎は図らずも今この“ツリカゴ”の中で、一人の見知らぬ男に話しかけられた。
孤独 (新字新仮名) / 蘭郁二郎(著)
郁之進 お恥かしい次第だが、当座は、あの加世の面影が、眼前にちらついて——。
稲生播磨守 (新字新仮名) / 林不忘(著)
嘉代(嫂)には、吉田某というものがあったことにして置くと書いてよこした。その某は例の人を捨てて行方不明であるということにして置くと書いてよこした。
新生 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
直輝の気づかわしげなまなざしに加代はそっと頬をおさえながら微笑した。
日本婦道記:梅咲きぬ (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
そして、太い刺叉が二本、その両側に立てられていて、その上の鉄棒には、首を打ち落された仔鹿の胴体が結びつけられてあった。
白蟻 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
そこには、腐爛しかかった仔鹿の首から、排泄物のような異臭が洩れていて、それがあの堪えられぬ、産の苦痛を滝人に思い出させた。
白蟻 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
人々何ぞ直ちに自己の胸臆を叙して思ひのまゝを言はざる、去れど人ありてを書かんとして筆をれば、筆忽ち禿し、紙をぶれば紙忽ち縮む、芳声嘉誉の手にして得らるべきを知りながら
人生 (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
鏡にふ花ならば
花守 (旧字旧仮名) / 横瀬夜雨(著)