“かは”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:カハ
語句割合
13.5%
13.1%
10.0%
8.7%
8.1%
5.7%
5.2%
4.6%
4.6%
2.8%
2.6%
2.4%
2.0%
2.0%
1.7%
可愛1.5%
1.5%
1.5%
1.1%
0.9%
0.7%
0.7%
可哀0.7%
外皮0.4%
皮膚0.4%
變化0.4%
轉換0.4%
獣皮0.2%
交換0.2%
回護0.2%
変化0.2%
0.2%
柔皮0.2%
0.2%
皮膜0.2%
0.2%
風異0.2%
0.2%
0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
かうして空氣は、べて、晝間しく、夜間かで、つてとで氣温ることをらげます。
森林と樹木と動物 (旧字旧仮名) / 本多静六(著)
見るに衣裳見苦しけれども色白くして人品能くなる美男なれば嬉敷ひつゝ終に新枕せし故是より吉三郎もお菊を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
さうして座敷瞽女つて三味線をすつときおろした巫女荷物脊負つて自分つた宿つてつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
ちやんは心配さうに木々つてゐましたが、其頭眞上にあつたさなつたに、ひよいときました。
愛ちやんの夢物語 (旧字旧仮名) / ルイス・キャロル(著)
看護れぬ、雪子りぬ、きのふも植村ひしとひ、今日植村ひたりとふ、てゝ姿るばかり
うつせみ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
東洋と西洋とは、その風俗習慣に就て、いろいろつた点が多い中で、特に黒子に関する観方ほどつてゐるものはなからうと思はれる。
東西ほくろ考 (新字旧仮名) / 堀口九万一(著)
冬時灌水ふには、身體るゝに孔穴りてき、朝夕孔穴して灌水ふ。
命の鍛錬 (旧字旧仮名) / 関寛(著)
「そんな事が、あらうがない。いくら、つたつて、そりやつた丈の変化だ。成るべくつて三千代さんに安慰を与へてれ」
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
この世に未練は沢山有るけれど、私は早く死んで、この苦艱めて了つて、さうして早く元のに生れつて来たいのです。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
普通の都会人は、よりなき程度に於て、みんな芸妓ではないか。代助はらざる愛を、の世ににするものを偽善家の第一位にいた。
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
車はせ、景は移り、境は転じ、客は改まれど、貫一はらざる悒鬱きて、る方無き五時間のれつつ、始て西那須野の駅に下車せり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
お前が本當に此屋敷のお孃さんなら、丁度仕合せだから、今晩そつとやつて來て、お孃さんと入れつてくれといふ頼みでした
お縫はく涙のいた眼を擧げて、自分の前にピタリと坐つた平次の、穩やかな顏を仰ぎました。
ひよいと上司氏のニツケルと友人の金側とが目に入ると、初めて判断がついたやうに金側時計の持主の方に向きなはつた。
出勤刻限電車道伴殺風景なものはない。にぶらがるにしても、天鵞絨けるにしても、人間的しい心持つたてない。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
牝牛さん、いてさい。可愛いいはね。きつとしい瑠璃色をしてゐて、薔薇みたいによいがしますよ。そしてをふるやうなよいでちる/\とひますよ。
お母さん達 (旧字旧仮名) / 新美南吉(著)
ひらりと身をすが早いか、そこにあつた箒をとつて、又掴みかからうとする遠藤の顔へ、床の上の五味を掃きかけました。
アグニの神 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
慾張抜いて大急ぎでいたからいて為様があるまい早速うとふたが、まだいてらぬといふ。
高野聖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
「僕はメデュサがあなたを凝視めてゐて、あなたは石につてゆくんぢやないかと思つた——多分、今度はあなたのお金がどれ位だかお訊きになるでせうね?」
女房にだが單物でもれよと無理ろへ入れ此事は決して沙汰なしにむなりと言捨て立歸りしが途中には穀平の丁稚音吉に行合けるに重四郎聲を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
翌朝は心地かに生れりたる如くにて、われはフエデリゴに對して心のうちの喜を語ることを得たり。身の周圍なる事々物々、皆我を慰むるものに似たり。
俺達はれとつて今まで自分の力量に気が附かず、雑種犬にまで白痴にされて段々田舎へ引込んで、支那の犬にさへ尻尾を下げて恐れ入つたもんだ。之からはう負けるものか。
犬物語 (新字旧仮名) / 内田魯庵(著)
われ等は只だ羅馬に伴ひ歸りて、曾てありしアントニオは地中海の底の藻屑となりぬ、今こゝに來たるはその昔幼く可哀ゆかりしアントニオなりと云はん。夫人。
一同もそれに和した。沼田は片肌を脱ぎ、森川は立襟の洋服のして風を入れ乍ら、乾き掛つた白粉で皮膚痙攣る様なのを気にして、顔を妙にモグ/\さしたので、一同笑つた。
鳥影 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
「やつと其くらゐな日數で、こんなに變化るもんかね。ぢや、あれからすぐに稼ぐやうになつたんだね。」
蒼白き巣窟 (旧字旧仮名) / 室生犀星(著)
對手の心事、酒代にありと見て取つた若紳士は、事の組し易きを喜んで、手早く握つた銀貨、二枚、三枚、光る物手をすべつて男の掌に移るよと見る間に「」と叫んで紳士は身を轉換した。
二十三夜 (旧字旧仮名) / 萩原朔太郎(著)
左様だ、彼の先生も御説の通りに獣皮いぢりでもして、神妙にして引込んで居れば好いのだ。それさへして黙つて居れば、彼様な病気なぞにりはしなかつたのだ。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
獣皮いぢりでもして、神妙に引込んでるのが、丁度彼の先生なぞには適当して居るんだ。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
さればといつて、別に話すでもなく、細めた洋燈の光に、互ひの顏を見てはしく微笑交換してゐた。
天鵞絨 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
何しろ周三は、其のがせきゝてゐて、失敗の製作までも回護ふだけ心に餘裕がなかツた。雖然奈何なる道を行くにしても盲者を持ツことを忘れない。
平民の娘 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
二年にもあまる永い病気がすこしよくなりかけ、ある生ぬるい晩を歩きにでると世の中がすつかり変化つてしまつたやうに感じる。
終日彼是しけれども今は其者の名前がり居るにや一向に在家知れずころなく持歸りて翌日猶又尋ね行き是非々々市之丞に返さんと申折柄又々質屋より嚴敷催促ゆゑ然らば其金子を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
すると酒を送りこむ柔皮管が漏れ出した。と、それを報告することなどはそつちのけで、みんなして飮めるだけ飮み初めた。そんな思はぬ御馳走が二時間もつゞいた。
雲雀は食べ物はおろか水一滴なくて、今にも喉がいて死にさうになつてゐたのでした。
雛菊と雲雀と少年の話 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)
女がお産をして強くなり、色男が女に捨てられて賢くなる格で三階から飛下りて吃驚したのでそれ迄皮膜つてゐた智慧が急にけ出したのだ。
信号燈は赤くってすきとほり
春と修羅 第二集 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)
鼠頭魚釣りは、魚釣の遊びの中にても一ト風異りて興ある遊びなり。
鼠頭魚釣り (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
し汝此地に來りしと渺々尋ねし甲斐祝着なり無念をす時れり覺悟せよとさま替の筒脇差にて切かゝり互ひにらず切結びしが六郎右衞門がつて打込脇差にて竿竹
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
年久くるる老猫子狗ほどなるが、棄てたる雪ののやうに長火鉢猫板の上にりて、前足の隻落して爪頭の灰にるるをも知らず、をさへきて熟睡したり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)