“ちが”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:チガ
語句割合
42.7%
41.6%
7.7%
5.0%
1.7%
0.4%
0.2%
千賀0.2%
0.2%
0.2%
相違0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
自分は茫々たる大海原の水の色のみ大西洋とは驚く程つた紺色を呈し、天鵞絨のやうにに輝いて居るのを認めるばかりであつた。
黄昏の地中海 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
それでも夏はそれほどひどくは気にならないけれど冬羽織着物、下着、半衿とあんまりう色をうのは千世子はいて居なかった。
千世子(二) (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
河のは悲しく灰色に光っていて、冬の日の終りを急がす水蒸気は対岸の堤をおぼろにめている。荷船の帆の間をばが幾羽となく飛びう。
すみだ川 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
『どうしてまあ兄弟喧嘩を為るんだねえ。』と細君は怒つて、『左様お前達にで騒がれると、母さんは最早気がひさうに成る。』
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
さて虎もも同じく猫属の獣で外貌は大いにうが骨骼や爪や歯牙は余り違わぬ、毛と皮が大いに異なるのだ。
風向うたわ、如何した暴風雨ぢゃ? ロミオがされて、そしてチッバルトもおにゃったか? 大事從兄も、大事なロミオどのも? もしさうならば、大審判日喇叭手
到底助からぬものと思えば、むしろここで刺しえて死する積りだといった時、西郷は
自警録 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)
末娘のお千賀であった。
濞かみ浪人 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
それに引かえ僕の秀輔は腕白小僧で、僕より二ツ年齢が下でしたが骨格も父にましく、気象もまるで僕とはって居たのです。
運命論者 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
それは、間接の刺しえになる。羅門は、そう計っているのだ。そうに違いない! これは一大事だ。
牢獄の花嫁 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
この出血の工合ではよほどの重傷を負うているに相違いないが、どこに傷口があるのかはよく分らなかった、多分左の肩辺りらしいので、とにかくそこへ自分の半帕をふわりとかけてやった。
黒猫十三 (新字新仮名) / 大倉燁子(著)