牢獄の花嫁ろうごくのはなよめ
あの座敷に寝ころんで見たら、房総の海も江戸の町も、一望であろうと思われる高輪の鶉坂に、久しくかかっていた疑問の建築が、やっと、この秋になって、九分九厘まで竣工た。 お茶屋でもなし、寺でもなし、下屋敷と …
作品に特徴的な語句
几帳面きちょうめん 小鬢こびん 愚弄ぐろう 見遁みのが 緻密ちみつ 夜叉やしゃ 手桶ておけ 野分のわけ 脾腹ひばら 離室はなれ 燭台しょくだい 海月くらげ 御家人ごけにん 一喝いっかつ 詰問なじ 手古摺てこず ふか 木蔭こかげ 石燈籠いしどうろう 高輪たかなわ 一期いちご 日数ひかず 闡明せんめい 韋駄天いだてん 峻烈しゅんれつ 拷問ごうもん 用達ようたし かみしも 供養くよう 化身けしん 物憂ものう 扱帯しごき 櫛巻くしまき 脇息きょうそく かも 楚々そそ 烏滸おこ 父娘おやこ 孤児みなしご 耄碌もうろく 嗅覚きゅうかく 血汐ちしお 鉄漿かね 仮借かしゃく 峻厳しゅんげん 馬子まご 忿怒ふんぬ 皆目かいもく さかい 炯眼けいがん ろく 檀家だんか 凄惨せいさん ろう 仄白ほのじろ 雑魚ざこ 僧形そうぎょう 投網とあみ 眉目びもく 禰宜ねぎ 白髯はくぜん 稀代きたい 縁起えんぎ 嫡子ちゃくし 矢立やたて 錯覚さっかく 錚々そうそう 桟橋さんばし 笑靨えくぼ 頭蓋骨ずがいこつ 叡山えんざん 五位鷺ごいさぎ 不躾ぶしつけ 二言ふたこと 素袷すあわせ 絨毯じゅうたん 他愛たあい 手数てかず 一棟ひとむね 昏々こんこん とろ 片唾かたず 丑満うしみつ 猿臂えんぴ 閃光せんこう 非業ひごう くわ 時刻とき 伺候しこう 余燼ほとぼり 冤罪えんざい 生唾なまつば 麒麟きりん かご 定紋じょうもん 奥床おくゆか 悔悟かいご だね 直々じきじき 仲人なこうど