牢獄の花嫁ろうごくのはなよめ
あの座敷に寝ころんで見たら、房総の海も江戸の町も、一望であろうと思われる高輪の鶉坂に、久しくかかっていた疑問の建築が、やっと、この秋になって、九分九厘まで竣工た。 お茶屋でもなし、寺でもなし、下屋敷という造りでもない。一体、どんな大家族が住 …
作品に特徴的な語句
ちが とつ なまめき つぶ おや はま 召捕やっ あけ しん 武士さんぴん 水腫まめ もの 情人じょうにん さきの 表情あらわ がま かん 宿じゅく うわ じる 下手まず たとえ 退 めい 此方このほう 海藻うみぐさ がら かぶり ぬかず いら あく さわ いと 交際まじわり はた おさま なよや 嬰児やや ばら から 優雅しとや もや から 傀儡あやつり しゃ 上手うま 岩窟いわあな あで わけ ぱな から めく 交渉わたり 血統けっとう ほぐ 此家こちら まぎら 挿花いけばな 優婉しとやか まつわ 冥途よみ むな 翌日あした 折敷おりしき 背負おぶ 戦慄おのの 愛子いとしご いで まな 舟師ぶねし 何艘なんばい 相立あいた ぶみ ちろ あつま あお よそ 多数あまた えい 世襲よつぎ いぶ こうべ