“海藻”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
かいそう45.9%
かいさう16.2%
うみも10.8%
みる8.1%
あまも2.7%
うみぐさ2.7%
かじめ2.7%
のり2.7%
もくず2.7%
もくづ2.7%
わかめ2.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
肉ににおいのあるかめは肉食をして、魚をたべているかめで、正覚坊は海藻をたべているから、においがないのだ。
無人島に生きる十六人 (新字新仮名) / 須川邦彦(著)
そのうち、しいやうな、くで……海藻をあぶるやうなはる。可厭ではないが、しうつたうしい。出窓けた。おゝ、る/\、い。
火の用心の事 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
明け方の光が微かに、血のなかの海藻にも似る黒髪と、白蝋のような死者の顔とを、無常迅速のことば通り、冷ややかに照らし出している。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
海藻をかき亂したやうな黒髮の、水肌を慕ふやうにめく中に、白い顏が恐怖と苦惱に歪んで、二つの眼ばかりが、星の如く輝きます。
耀蔵のからだが、およそ、四尋ほども沈んで行ったと思うと、まっ蒼な海藻のなかから、ぬッと、人間の腕がのびた。
牢獄の花嫁 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
美女 潮風、の香、海松海藻の、咽喉を刺す硫黄臭気と思いのほか、ほんに、しい、、(に袖を動かす)……ですが、時々、悚然する、い香のしますのは?……
海神別荘 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
けれどもが、さし向かえば、の尊敬をするわけでもない、自他平等、海藻のつくだ煮の品評に余念もありません。
号外 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
「それだけか」と、トム公の影は海藻の中を泳ぐ縞鯛のように、ぴちぴちと、正確な針路を探って、青い庭園の闇をわけて行った。
かんかん虫は唄う (新字新仮名) / 吉川英治(著)
藁蘂で結つた油氣のない髮は、半分白髮が交つて、多年日光の下で燒き上げた澁紙色の皮膚、遠州の單衣の尻を端折つて、淺葱色の股引は海藻つたやうにだらけです。
海藻ったような、恐ろしい襤褸が、二三枚無いことはありませんでしたが、五月になるとそれを剥がれて、陽の当るうちは、岩の上でも、藪の中でも
裸身の女仙 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)