“かいさう”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
海藻66.7%
海草22.2%
海蒼11.1%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そのうち、かうばしいやうな、とほくで……海藻かいさうをあぶるやうなにほひつたはる。
火の用心の事 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
海藻かいさう地衣こけがこの浮標うき垂下たれさがつてゐる。
さしあげた腕 (旧字旧仮名) / レミ・ドゥ・グルモン(著)
みにく海草かいさうのこされて、その海草かいさうからしたゝつる水玉みづたま
海草かいさう打上うちあげられたほどですから、秘密造船所ひみつざうせんじよ内部ないぶ無論むろん海潮かいてう浸入しんにうのために
あの永久の海蒼かいさうがのぞきでてゐる
『春と修羅』 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)
すみわたる海蒼かいさうの天と
『春と修羅』 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)