“かいさう”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
海藻66.7%
海草22.2%
海蒼11.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
さし上げた腕の間から皆めいめいに上向の頭がみえる。海藻地衣がこの浮標垂下がつてゐる。東から吹く風に、この髮の毛がふくらんで、おのづと拍子をとつて波動してゐる。
さしあげた腕 (旧字旧仮名) / レミ・ドゥ・グルモン(著)
たい肌黒胡桃の木よ、海草の髮を垂れ、くすんだ緑玉の飾をした草原の池につて青くなつた念珠、ぼんやりとした愛の咽首めてやらうとするばかりの望、よくを結び繖形花
牧羊神 (旧字旧仮名) / 上田敏(著)
あの永久の海蒼がのぞきでてゐる
『春と修羅』 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)
すみわたる海蒼の天と
『春と修羅』 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)