“海草”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
かいそう50.0%
うみくさ18.2%
みるめ13.6%
かいさう9.1%
うみぐさ4.5%
みる4.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
さっき目のまえには、海草がうちよせられて、山のようになっていましたが、いまは、そこには大きな門が、ひらかれているのです。
娘は、赤い絵具で、白い蝋燭に、魚や、貝や、また海草のようなものを産れつき誰にも習ったのでないが上手に描きました。お爺さんは、それを見るとびっくりいたしました。
赤い蝋燭と人魚 (新字新仮名) / 小川未明(著)
海草のいかゞはしき乞食さへにはたず行過るぞかし、容貌よき女太夫にかくれぬしのせながら、喉自慢腕自慢
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
何處押流されたかもなく、秘密造船所一時海水されたとえて、水面から餘程屏風岩尖頭にも、海草されて、海草からつる水玉
海草の黒髮が蝋色の頬に亂れて、水を少しも呑んでゐない水死人の顏は、妙に引緊つて見えるのも、左の耳の下からふくよかな頬へかけて、石で打つたらしい大きい傷の痛々しさを引立てて