“海月”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
くらげ98.4%
クラゲ1.6%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“海月”を含む作品のジャンル比率
社会科学 > 風俗習慣・民俗学・民族学 > 風俗習慣・民俗学・民族学9.1%
文学 > 日本文学 > 戯曲1.5%
技術・工学 > 家政学・生活科学 > 食品 料理1.4%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
320x100
この度の娘の父は、さまでにもなけれども、小船一つで網を打つが、海月くらげほどにしょぼりと拡げて、泡にも足らぬ小魚をしゃくう。
海神別荘 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
得意にも見えなければ、失意にも思はれない様子は、う云ふ生活にいて、海月くらげうみたゞよひながら
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
「脂の浮べるが如し」との譬喩は、必しも海洋的なりとは、云う能わざるも「海月クラゲなす漂える」の一句は、海洋的国民の神話にあらざれば、决して見る能わざる譬喩的文字なり。
比較神話学 (新字新仮名) / 高木敏雄(著)