“蛭”の読み方と例文
読み方割合
ひる100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
以前の馬つなぎから龍胆を解くと、盛綱はとび乗って、あれよと人々の騒ぐ間に、ヶ小島の配所へ矢のように駈け去ってしまった。
源頼朝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ここには明細にかきかねるが、とにかくヒルミ夫人は万吉郎の身体にのように吸いついて、容易に離れようともしなかったのである。
ヒルミ夫人の冷蔵鞄 (新字新仮名) / 海野十三丘丘十郎(著)
すると河の泥に隠れてゐた、途方もなく大きなが、その頃はまだ短かつた、お前の先祖の鼻の先へ、吸ひついてしまつたのに違ひない。
動物園 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)