“蛭”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ひる100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“蛭”を含む作品のジャンル比率
自然科学 > 生物科学・一般生物学 > 生物科学・一般生物学17.6%
文学 > フランス文学 > 小説 物語5.8%
文学 > ロシア・ソヴィエト文学 > 小説 物語3.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
だが職業といふやつは一度それでめしを喰つたが最後、吸ひついたひるのやうになか/\おいそれともぎはなせるものではない。
老残 (新字旧仮名) / 宮地嘉六(著)
立後たちおくれたのを歩行悩あるきなやんだと察した様子、何がさて転げ落ちても早く行ってひるあかを落したさ。
高野聖 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)