“葵祭”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
あおいまつり75.0%
あおいまつ12.5%
あふひまつり12.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
西洋的なものから採入れようとする一般の風潮は彼の後姿に向っては「葵祭の竹の欄干で」青くれてなはると蔭口を利きながら
食魔 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
晩年一世一代のつもりで加茂の葵祭りの行列を象牙彫刻として製作に取りかかり、得意の腕をって約五十体の人物、行列一式の調度、これこそ老後の思い出とばかり、二
明治世相百話 (新字新仮名) / 山本笑月(著)
むかし尾形光琳と、三井家の主人八郎右衛門とが連立つて、加茂の葵祭を見に出掛けた事があつた。