“葵祭”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
あおいまつり85.7%
あふひまつり14.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“葵祭”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 戯曲1.0%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
葵祭あおいまつり祇園祭ぎおんまつりなどは陳腐な故でもあらうがかへつて細しく書いた者を見ぬ。
墨汁一滴 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
……葵祭あおいまつりの日あたりにでも、お迎えの車をこちらに寄越せたら、……と思っています。
なよたけ (新字新仮名) / 加藤道夫(著)
むかし尾形光琳と、三井家の主人八郎右衛門ろゑもんとが連立つて、加茂の葵祭あふひまつりを見に出掛けた事があつた。