明治世相百話めいじせそうひゃくわ
寺子屋遺風の小学校時代 明治二年に政府の出した『府県施政順序』のうちに「小学校を設くる事」とあって、翌三年、東京府は初めて都下に小学校を六つ建てた。といっても校舎はすべて寺院で、芝増上寺地中の洞雲院、牛込の万昌院、本郷の本妙寺、浅草の西福寺 …
作品に特徴的な語句
ながし 容姿きりょう 端折ぱしょり 御行ごぎょう やか じる 黒衣くろんぼ もろ ずく 頬冠ほほかむ あゆみ かさね たか さす 祭文ざいもん すき くゆ 湯婆ゆば 大盃おおさかずき 大切おおぎり 如何いかが けん ふり ぶし うつ ずり りき はた あが 煙管ぎせる うら あか のぶ はび 羅紗ラシャ 越子えつこ はん おおとり 聴客ききて ろう ぐさ ゆっく はやし すく 葵祭あおいまつ やか まが たむ ほう 和歌わか うな みす 泥濘でいねい こう かまど つら さきが かずら 刺青いれずみ まち わか 茅葺かやぶ 独楽ごま 雪崩なだ こぞ すすき 猪口ちょこ 花橘かきつ 花戸うえきや 老舗しにせ 花櫚かりん 耆宿きしゅく 菓物くだもの かや 荷足にたり 胡坐あぐら 茫々ぼうぼう 茣蓙ござ へそ 舞鶴ぶかく 花簪はなかんざし もや 膏汗あぶらあせ 花卉かき 脚半きゃはん 素人しろうと 茶荃ちゃせん