“煙管”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
きせる83.2%
キセル6.9%
ぎせる5.9%
パイプ3.8%
ギセル0.2%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“煙管”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語9.5%
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行2.6%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆1.3%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
小親はいそいそ灰のなか掻探かいさがして、煙管きせる取って上げたるが、ふと瞳を定めて、の隅、二ところ見廻したり。
照葉狂言 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
それはの長いくわを肩にして、雁首がんくび蛇腹じゃばらのように叩きつぶした煙管きせるをくわえていた。
棄轎 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
すると、長い煙管キセルをついて監視人と早がわり、御飯粒ひとつでもこぼすと、その始末をしてしまわないうちは食べさせない。
あたしはまた溜息をついた。おしょさんはなんでだまって煙草タバコなんか長い煙管キセルからのんきにふかしてるのだろう——
日なたぼこりで孫いじりにも飽いた爺の仕事は、くわ煙管ぎせる背手うしろでで、ヒョイ/\と野らの麦踏むぎふみ
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
疲れきっている彼らにとっては、音楽はトルコ風呂ぶろであり、なま温かい湯気であり、マッサージであり、長煙管ぎせるです。
でも次の停車場へ来ると、肥つた男は煙管パイプくはへた儘ろくに挨拶もせずほか客車はこへ移つて往つた。
とあるひくい石垣の上に腰を掛けた九は大きな煙管パイプくはへてこゝろよさう燐寸マツチを擦つた。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
肯きながらスポンといい音をさせて、凝った古代裂こだいぎれの煙草入れの筒を抜き、意気な彫りのある銀煙管ギセルを取り出した。
小説 円朝 (新字新仮名) / 正岡容(著)