“きせる”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:キセル
語句割合
煙管92.9%
烟管5.5%
煙草管0.7%
煙草0.7%
希施婁0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
金六が懐から出して見せたのはその頃では申分のない贅沢とされた、黒羅紗の懐ろ煙草入、銀延の細い煙管まで添えてあったのです。
一枚二枚は余所目を振らず一心に筆を運ぶが、其中曖昧な処に出会してグッと詰ると、まず一服と旧式の烟管を取上げる。
平凡 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
父上は何とも応へ玉はで唯笑ひ玉ふ、弟はひたすら物食ふ、舟子は聞かざるが如く煙草管啣みて空嘯けり。
鼠頭魚釣り (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
冷かし数の子の数には漏れず、格子から降るという長い煙草に縁のある、煙草脂留、新発明螺旋仕懸ニッケル製の、巻莨の吸口を売る、気軽な人物。
露肆 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
かの林羅山の如きも、既に煙癖があったと見えて、その文集の中に佗波古希施婁に関する文章が載っており、またその「莨菪文」の中に
法窓夜話:02 法窓夜話 (新字新仮名) / 穂積陳重(著)