かやの生立かやのおいたち
「かやの顔は、眼と口ばかりだな。どうも持参金付きの嫁入でもせにあならねえかな」と云ったりしていつも茶の間の長火鉢の側に坐って、煙草管をぽかんぽかんとたたいてばかり居る癖の、いくら大笑いに笑っても、苦笑いの様な表情しか出ないこのお爺さんが、か …
作品に特徴的な語句
まざ おい 朝飯あなり しい じじ ぶた おっしゃ 轅棒ながえぼう せい 早熟はや なめらか あそば うわ 執念しつこ こまや 確乎しっかり すべ ばあ たくみ たる にく くしけず なめら 白粉しろい つむ 羽毛うもう じし やに ばか むご ゆたか 饒舌じょうぜつ 一寸ちょっと 一縷いちる 七輪しちりん 下駄げた なが 乳母うば 他所よそ 何時いつ 倔強くっきょう 刷毛はけ きざ 勿体もったい いか たた あき 周章あわ わめ ささや 垢擦あかす 大容おおよう 大鴉おおがらす ふと 女松めまつ めと とが わか 岱赭たいしゃ 巌丈がんじょう ひさし 得態えたい 恰好かっこう 憐憫れんびん 手際てぎわ ほう こぶし かす すく そろ から たずさ つま まだら 日向ひなた もり 果報かほう かまち こずえ さわら かし 母屋おもや 沢庵たくあん 洒落しゃれ