“噂”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
うわさ85.0%
うはさ11.5%
うわ2.5%
うは0.5%
ウハサ0.1%
うわき0.1%
さえず0.1%
ゴシップ0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
やろうと思っていらっしゃるわけじゃないが、なにぶん世間のがうるさい。早く捕まえて正体を見せるようにと——こういうお話だ
肥後守は侘助椿のほかにも、肩の羽の真つ白なや、虎の毛皮や、いろんな珍しい物をあちらから持ち帰つたやうにせられてゐる。
侘助椿 (新字旧仮名) / 薄田泣菫(著)
笠原は別に何もしていなかったのだが、商会では赤いというさがあった。それで主任が保証人である下宿の主人のところに訪ねてきた。
党生活者 (新字新仮名) / 小林多喜二(著)
院長ちをしたのだといふさもあつた。人々はたゞ彼女であるといふことのために、うて彼女した。
(旧字旧仮名) / 水野仙子(著)
さうして、女たちの刈りとつた蓮積み車が、廬に戻つて来ると、何よりも先に、田居への降り道に見た、当麻のの騒ぎのである。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
「隣の九郎助というのは町内でも物持で、しもたや暮しをしているが、人の物などに眼をつける人間じゃありません。その娘のお菊というのが文次郎と変なのある女で、これはちょいと踏めますよ」
「三室銀子は何処へ行く——」例のうるさい雀共がそうり交した時、当の三室銀子と左近倉平との結婚話が持ち上ったのです。
そこはその地方のの中心だ。そこにってる者共は君に主人から食器洗いの者までの名前を教えてくれるだろう。そうウィリアムソンと云ったね! しかしこの名前は、僕にも何の心当りもないな。