“ゴシップ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
噂話66.7%
33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
左近倉平をめぐにぎやかな噂話ゴシップのうち、一番興味が深くて、そして一番盛大だったのは、後から後から起って来る、スキャンダルであったと言っても誇張ではありません。
リンとイングラムの二人のお孃さんは、まだ互に眞面目まじめ臭つたやうな話を續けてゐて、お互ひに二つの頭被ヴエイルをうなづかせ合ひ、まるで大きなでく人形の一對か何ぞのやうに、次々と話す噂話ゴシップに從つて、お互に驚きだの、不可解だの、恐怖だのゝ身振で、四つの手を擧げてゐた。
そりゃ近所の居酒屋にとびこむのさ。そこはその地方のゴシップの中心だ。そこにあつまってる者共は君に主人から食器洗いの者までの名前を教えてくれるだろう。そうウィリアムソンと云ったね! しかしこの名前は、僕にも何の心当りもないな。