“うはさ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ウハサ
語句割合
80.9%
風説10.9%
風聞2.7%
風評1.8%
口碑1.8%
噂話0.9%
0.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
芝八山へと急ぎ行次右衞門道々考へけるは天一坊家來に九條殿の浪人にて大器量人とある山内伊賀亮には逢度なしば赤川大膳を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
龍華寺の信如が我が宗の修業の庭に立出る風説をも美登利は絶えて聞かざりき、有し意地をば其まゝに封じ込めて、此處しばらくの怪しの現象に我れを我れとも思はれず
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
シバの女王ソロモンの風聞をきき、難問をもつてソロモンを試みんと甚だ多くの部従をしたがへ香物とおびただしき金と宝石とを駱駝に負せてエルサレムに来たり
乾あんず (新字旧仮名) / 片山広子(著)
貪婪の風評ありし者。ポルトガルロはポルトガル。
神曲:03 天堂 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
十三世通天和尚は、 霜台君の(謙信の事)親藉にて、高徳の聞えは今も口碑にのこれり。 景勝君も此寺にび玉ひしとぞ。
その証拠には、世間の噂話(第三者)といふものは、大抵はその真相までは入らずに、その周囲をぐる/\廻つてゐるといふやうな形である。想像でやつてゐるからである。
小説新論 (新字旧仮名) / 田山花袋田山録弥(著)
彼等はよりもをかへりみ、を問はざるさきにはやくも己が説を立つ 一二一—一二三
神曲:02 浄火 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)