“其”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
その46.3%
34.8%
それ14.6%
0.4%
0.4%
ソノ0.4%
ソレ0.4%
それがし0.4%
0.3%
0.3%
そり0.1%
ある0.1%
0.1%
これ0.1%
0.1%
そい0.1%
そこ0.1%
そに0.1%
そん0.1%
0.1%
カノ0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
とその家庭苦痛白状し、にこの主人公殺人罪人なるカ……イ……をひて僑居るに一節めて面白し。
罪と罰(内田不知庵訳) (旧字旧仮名) / 北村透谷(著)
の一のかはをがれたために可惜や、お繼母のために手酷折檻けて、身投げをしたが、
二た面 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
の一のかはをがれたために可惜や、お繼母のために手酷折檻けて、身投げをしたが、
二た面 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
つぎねふや 山城川を 川溯り 我がのぼれば、川の辺に生ひ立てる烏草樹を。烏草樹の樹 に生ひ立てる葉広五真椿
叙景詩の発生 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
大伴家持が長歌の一節に、「老人女童児も、が願ふ、心ひに、撫で給ひ、治め給へば」
君臣相念 (新字旧仮名) / 亀井勝一郎(著)
南家郎女神隠しにつたのは、夜であつた。家人は、翌朝空がれ、山々がなごりなく見えわたる時まで、気がつかずに居た。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
ほか/\した日よりなのに、を見てゐると、どこか、薄ら寒く感じるほどである。時々に過ぎる雲のりもなく、晴れきつた空だ。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
先ずの方寸としては最初江戸にて事を起こし漸次駿府大阪京都と火の手を挙ぐるがよろしかろう。また甲斐国甲府の城は要害堅固にして征むるに難い。
正雪の遺書 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
先生におましたの——其れから学校を卒業する、貴女は菅原様つしやる、他の人々れ方向をおになるのを見て
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
ノ太キ格子テテ訪ネ来ル手ハ、黄八丈ノ着物ニ鹿リノ広帯ヲ締メ、オ河童ニ三ツノキ『リボン』ヲ附ク、今ヨリ約十八年ノ昔ナリ。名乗リ出デヨ吾ガ双生児ノ同胞
三人の双生児 (新字新仮名) / 海野十三(著)
ヤ課長、無理ですよ、初め僕が同胞社に這入り込んだ頃、僕は報告したぢやありませんか、外で考へると、内で見るとは全く事情が違つて、篠田と云ふ男
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
「あれは、処の狸じゃ」
村の怪談 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
「松山の指紋はハッキリ附いていますが、には誰の指紋も見当りません」
麻雀殺人事件 (新字新仮名) / 海野十三(著)
不便な事は、其昔朝夕往来して文章を見せ合つた仲間の大半は、から文章をて身をの人でなかつたから、今日では実業家つてるのも有れば工学家つてるのも有る
硯友社の沿革 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
う言やマア、さうですがね、しかしくまア、軍人などで芸妓落籍せるの、妾にするのツて、お金があつたもンですねエ」
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
其約束も極めて置きたいねと微笑んで言へば、つはいけない、己れは何うしても出世なんぞは爲ないのだから。
わかれ道 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
そのまま遊ばせ人に取られて死ぬべかりしをに来合せ命を助けたもうとこの女子に聞いた嬉しさに謝恩のため迎え申したと言って、何とも知れぬい物を食わす、さて主人いわく己は竜王なり
詩人では、鍛冶屋職人宛如だ。が、る、る、りつゝあるはであらう。没薬砂金ではない。蝦蟇でもない。
続銀鼎 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
りし者ならばな非道は云れぬ貴妹の樣な恩知ずの人には此上頼みもすまじ此末共に親類とは思はぬなりと腹れ思ふがに云挨拶もなく立歸るをお粂は顏を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
竹屋時節にあらず、金格子東海樓つた青樓さの、今日腹工合と、懷中都合つて、天利といふので午餉にしよう、とやれ
城の石垣 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
秀起たる浪の穂の上に、八尋殿てゝ、手玉もゆらに少女は、子女ぞ。」答へて曰はく、「大山祇神の女等、磐長姫とり、は、木華開耶姫とる。」……(日本紀一書)
水の女 (新字新仮名) / 折口信夫(著)