水の女みずのおんな
口頭伝承の古代詞章の上の、語句や、表現の癖が、特殊な——ある詞章限りの——ものほど、早く固定するはずである。だから、文字記録以前にすでにすでに、時代時代の言語情調や、合理観がはいってくることを考えないで、古代の文章および、それから事実を導こ …
作品に特徴的な語句
おこの オト カノ ムチ ヨロ イツ ウヘ まお 躊躇ヤスラ クヾ ウヘ かれ たてまつ ノチ トモ オホ カヨ コトアゲ カイ ムチ まお ナノ おおよ オツ タネ うかがわ 処女ヲトメ 御母ミオモ ウシユ オト 巫女ミヤラビ カヅ 少女ヲトメ ホダシ ハタ オチイ ワカ おそろ 乳母チオモ 子女ムスメ コト もう ナヽ つかさど 飛行ヒギヤウ おと コヽノ ちぢま アメ ユメ アマ よどみ おさ 水門ミナト 日向ひむか 御調みつき まさ フチ 陰陽おんみょう 沐浴ソヽ みそ 三瀦みぬま 節折よお ねじ 手玉タダマ うごか こと 御津ミアサキ およそ ゆる 公民オホミタカラ 国造くにのみやつこの いか オキマツ むすめ 二上ふたかみ 赭土ハニ かか
題名が同じ作品
水の女 (新字旧仮名)折口信夫 (著)