“奏”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
かな57.5%
そう24.4%
3.9%
まを1.6%
1.6%
すさ1.6%
あわ0.8%
かなで0.8%
こと0.8%
さう0.8%
しらべ0.8%
しん0.8%
0.8%
0.8%
まお0.8%
アソ0.8%
カナ0.8%
ジユエ0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その後はたゞ階下ででられるピアノかハァプの響きや、召使長や給仕が往來する足音や、茶菓が渡される時のコップや茶碗の響や
風が傷口からふきこむと、いかにも悲しそうな音楽をして、この気のどくなまつがみずからみをうったえる声のように聞かれた。
「ピアノをすこしかせていただきたいんです。自分の家は目白で全焼しましたので、帰ってもなにもありません。ほんの五分だけ」
だいこん (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
ここに若日下部の王、天皇にさしめたまはく、「日にきていでますこと、いと恐し。かれおのれにまゐ上りて仕へまつらむ」
「開封竹枝、ああなつかしいこと。るわ、久しぶりに。……おさんも、旦那へおでもしながら、そこで聴いててよ」
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「いやいや、その呂律には重蔵の義心があろう、な調べには千浪の孝心貞節もこもるであろう、予はその妙韻を聞きすましたい、是非、何がな一曲んでくれい」
剣難女難 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
此家の老百姓に聞いてみたところ、ここから近い阿佐村には、遠い昔から、阿佐ヶ谷神楽といって、旧い神楽師の家があり、毎月、三峰神社の月祭りには、そこの家で調べをせて
宮本武蔵:07 二天の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
閉切った障子の中には更に人の気勢もないらしいのに唯だ朗かに河東節水調子」の一曲がられている。
散柳窓夕栄 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
伝えるところによればこれは陽列天の作で、漢王即位の時伶人この曲をし、一鼓を打って天下の和平を慶ぐという目出度い曲なのだ。
魔都 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
きざはしの玉靴小靴いでまさずば牡丹ちらむとさまほしき
恋衣 (新字旧仮名) / 山川登美子増田雅子与謝野晶子(著)
の中將殿(重衡)も管絃こそみなれ、千軍萬馬の間に立ちて采配とらんに非ず。
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)
太祖の詔、可なることはち可なり、人情には遠し、これより先に洪武十五年皇后の崩ずるや、王等皆国に在り、れども諸王りてに至り、礼をえて還れり。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
あやしき調る神こそ知らめ
独絃哀歌 (旧字旧仮名) / 蒲原有明(著)
その時、其津の水沼於而、御身沐浴しき。、国造の神吉事して朝廷参向ふ時、其水沼出而用ゐ初むるなり。
水の女 (新字新仮名) / 折口信夫(著)
中世にも、魂箱を揺る風を有したが、此なども楽器のびに近いものと思はれる。
市村氏の為の死の面は、外に考へすまでもない。過ぎ経た彼の一生に似て、独り静かに輝いて、響き過ぐるでの如き近代劇——新劇団を組織することなどが、最適切な方法ではないだらうか。
市村羽左衛門論 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)