市村羽左衛門論いちむらうざえもんろん
市村羽左衛門の芸の質についての研究が、此頃やつと初まつたやうである。何にしても、此は嬉しいことだ。歌舞妓芝居のある一つの傾向は、これで追求せられて、その意義がわかつて来るだらうと思ふ。 なぜ、羽左衛門が、権八や菊之助乃至は久我之助・桜丸の類 …
作品に特徴的な語句
コモゴモ ヤハラ 如何ドウ キリ ナツコ メグラ ユタ ニン カヘ カナ セリフ ヅブ ハウ カゲ スサ ヒトミ ハジ マタ シカ コス 性根シヤウネ アカ 傍観ワキミ シヒ 抑揚メリハリ 女性ニヨシヤウ 禿かぶろ 自家ウチ シグサ ふたつ ユル きり 切先キツサキ 規律シオキ 訥升とつしよう シン 勢力せいりき タテ 大櫓オホヤグラ 蝙蝠かうもり 訥子とつし 初下ハツクダ 子柄コガラ 立者タテモノ 空疎アダ あまつさ 畔倉アゼクラ 為馴シナ 立物タテモノ 死絵シニヱ 板行ハンカウ 去迚サリトテ 座元ザモト 延若えんじやく 悉達しつた 鬼薊おにあざみ 驥足きそく 関扉セキノト 坂彦バンヒコ 誉当コンダウ 和事ワゴト 吃又どもまた 蔦座ツタザ 芝翫しかん 為壊シクヅ