“去迚”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
さりとて75.0%
サリトテ25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
去迚は恐ろしき次第、これを捨て置く可らずとて、何の手段もなくして唯容易に帝室の名を用ひ、公に帝室保護などゝ唱へて經營する其有樣は
帝室論 (旧字旧仮名) / 福沢諭吉(著)
伊賀上野は旧藤堂侯の領分だが藩政の頃犯状かならず、去迚放還も為し難き、俗に行悩みの咎人ある時は、本城伊勢安濃津差送ると
枯尾花 (新字新仮名) / 関根黙庵(著)
去迚俳優組合の頭取に選挙されたる以上は、其責任としてうつちやつてはおけませぬから、いさぎよく身を退きて、三升会なるものを組織し、我門下だけの取締をなして居ります。
市村羽左衛門論 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)